顕微鏡用Wi-Fi カメラ

顕微鏡用Wi-Fi カメラ Leica ICC50 W & ICC50 E

ライカICC50 Wは、Wi-Fi機能を搭載し、高精細な画像送信が可能です。正立顕微鏡用に開発されたこのカメラは、教育・クリニカル用に顕微鏡のスタンドと鏡筒の間にぴったり収まる一体感のあるデザインです。

ライカ ICC50 Wは、複数台のWi-Fi対応デバイスに高解像度のライブ画像を配信できます。学生たちは、手元のモバイル機器をWi-Fi対応の500万画素カメラに接続するだけ。その後の操作は、Leica AirLab アプリを使って行います。このアプリは無償で提供され、iOSとAndroidの両方に対応しています。直感的に操作できるタッチスクリーンコントロールにより、学生たちは画像の取得、注釈の書き込み、アーカイブ管理、共有を迅速かつ容易に行うことができます。このカメラはまた、Wi-Fi対応の任意のWindows PCまたはMacからアクセスすることも可能です。スタンドアロンのHDモニターでの表示、または大型スクリーンへの投影には、USBまたはHDMIコネクタを使用します。

ライカマイクロシステムズのWi-Fi 教育ソリューションがあれば、学生たちを授業に集中させるのがずっと容易になります。

Leica ICC50 W

主な特長

複数の学生が同時にカメラにアクセス 学習と共有が容易なライカ AirLab アプリ

複数の学生が同時にカメラにアクセス

複数のスマートフォン、またはタブレットをライカ ICC50 Wに接続すれば、カメラのWi-Fiストリームにより手元のデバイスで高解像度の画像やビデオに素早くアクセスできます。順番待ちは不要です。

学習と共有が容易なライカ AirLab アプリ

顕微鏡画像の取り込み、測定、注釈書き込み、アーカイブ管理をモバイル機器で操作。試料をHD画質のビデオに記録することもできます。ライカ AirLab アプリjは無償提供で、iOSとAndroidのいずれでも使用できます。

あらゆる状況をカバーする各種カメラモード 500万画素のCMOSカメラでより多くの情報を取得

あらゆる状況をカバーする各種カメラモード

Wi-Fi ストリームを使った少人数グループで顕微鏡画像を観察・共有することも、Ethernetモードを選択して、多人数の学生を1台の顕微鏡に接続することもできます。USBモードはビデオ出力で、動く資料を高速で観察するのに便利です。

500万画素のCMOSカメラでより多くの情報を取得

最大500万画素の高解像度とすぐれた色再現性で試料の細部を観察。一体型Wi-Fi カメラは、卓越した結果を高速で提供します。

PC、MAC 、両方に対応 万一の場合に備えて、SDカードモード

PC、MAC 、両方に対応

Leica Application Suite(LAS) を使って、ライカ ICC50 Wと接続し、画像処理を行うことができます。PCユーザー用に、Leica Application Suite(LAS)EZ、Macユーザー用に、Leica Acquireが用意されています。

万一の場合に備えて、SDカードモード

SD カードスロットが備え付けれています。PCも、モバイル機器も使えない状況であっても、画像を記録として残せます。書き込みは簡単に行えます。

優れたデザインで、経費と時間を節約 堅牢で長寿命の装置

優れたデザインで、経費と時間を節約

ライカ ICC50W は教室の光景を一変させます。セットアップ、分解ともに簡単で必要なものは電源ケーブル一本だけ。一体型カメラは顕微鏡から直接電源を取るようになっており、外部電源を必要としません。

堅牢で長寿命の装置

堅牢なCapSense コントロールパネルが、システムを汚れから保護し、長年にわたって信頼性の高い操作を保証します。

HDMI - 高画質画像を出力

HDMI - 高画質画像を出力

HDモニターに直接繋ぎ、高解像度画像をリアルタイムで観察できます。