ライカマイクロシステムズ 産業用デジタルカメラ

滑らかな高精細ライブ画像と使いやすさを追求した顕微鏡用デジタルカメラ

産業界の顕微鏡アプリケーション用カメラは、すばやい検査に対応する高速ライブ表示、精密解析に欠かせない高精細な画質、誰でも簡単に使いこなせるシンプルさが求められます。ライカの産業アプリケーション用顕微鏡用デジタルカメラは、こうした要件をすべて満たしています。

ライカマイクロシステムズは、PC を使用したシステム、あるいはPCレスのスタンドアロンで使用できる顕微鏡用デジタルカメラの2種類を提供しています。豊富なカメララインアップで、撮像素子はCCD あるいはCMOS ベース、解像度は 250 万画素から最高 1250万画素までニーズに合わせた最適なカメラの選択が可能です。

PCインターフェースは、Firewire-B、USB 2.0、USB 3.0 のいずれかを標準インターフェースとしてを備え、全カメラは1 本のインターフェースケーブルで PC と接続できます。PC からのカメラ操作用に、ライカイメージングソフトウェアの Leica Application Suite(LAS)が標準付属されています。