時間節約に貢献するUSB 3.0対応顕微鏡カメラ Leica DMC2900

ライカ DMC2900は、新規格USB 3.0インターフェースのデジタル顕微鏡カメラで、310万画素のCMOSセンサーを搭載。カラー画像を素早くライブ表示、撮影、記録する必要のある顕微鏡アプリケーションに最適です。

最大転送速度5Gbps(規格値)のUSB 3.0インターフェース、310万画素CMOSセンサーにより、最大30フレーム/秒の高速ライブ表示と撮影ができます。タイリングやZスタックなど大量、高速に画像取得するアプリケーションでも、ストレスなく、高解像な画像取得ができます。

DMC2900は、ライカイメージングソフトウェアLASおよび各種オプションモジュールと互換性があります。

USB 3.0 microscope camera with a 3.1 Megapixel CMOS sensor Leica DMC2900

主な特長

新規格USB 3.0対応、高速ライブ&画像取得 USB3.0対応

新規格USB 3.0対応、高速ライブ&画像取得

高速ライブ表示でライブでの顕微鏡像確認、画像取得を快適に。 USB 3.0ポート経由で、XGA解像度のライブ画像を最高30フレーム/秒の高速で取り込むことができます。試料の移動も顕微鏡で直接観察しているかのような高精細で滑らかなライブ表示がモニタ上で実現でき、スピーディで正確な検査をサポートします。

USB3.0対応

PCインターフェースは汎USB 3.0インターフェースで、ノートPCもサポートします。カメラ側ポートはネジ式ロック付きで、ケーブルをしっかりと固定できます。USB3.0は下位互性があり、USB 2.0にも対応しています。

ワンランク上のカラー処理 高い解像度

ワンランク上のカラー処理

DMC2900カメラ国際照明委員会CIEが推奨したLab表色系を搭載しています。人の色感覚に近い、均等な色空間を提供、かつ安定した速度でライブ画像をリアルタイム表示することができます。

高い解像度

カメラ撮像素子は信頼性の高いCMOSカラーセンサーを採用し、解像度は310万画素。一般的な顕微鏡の検査で使いやすい解像度です。

快適なソフトウェア操作 蛍光イメージングソフトウェア LAS AFサポート

快適なソフトウェア操作

DMC2900カメラは、画像処理、解析用イメージングソフトウェアLeica Application Suite(LAS)をフルサポート。全焦点合成あるいはタイリングなど、高速な画像取り込みが必要となるアプリケーションに最適です。

蛍光イメージングソフトウェア LAS AFサポート

DMC2900はライカの蛍光イメージング専用ソフトウェアLAS AFを完全にサポート。実体顕微鏡など広視野顕微鏡による最先端のライフサイエンス研究に適しています。LAS AFはモジュラー式で、必要なときに必要なオプションを追加して、ニーズに応じたシステムに拡張できます。