優れた画質が重要

画質の向上は、後続の解析の前提条件の改善を意味します。

  • 優れたノイズ抑圧、処理前の CCD信号の完璧な取り込み
  • ライカ DMC4500 は、CCD チップの画像情報をカメラ本体内で直接デジタイズ
  • デジタイズ分解能は 14 ビット
  • カメラのトゥルーカラー校正で自然色を再現、それが高品質の画像をもたらします

プラグ&プレイ

ライカ DMC4500 は、USB 3.0 ポート経由でほとんどのノート型およびデスクトップ型コンピュータと簡単に接続できます。ケーブルを USB 3.0 スロットに差し込めば、たちまち電源とデータ接続が確立されます。

お手元のデスクトップコンピュータに USB 3.0 がない場合でも、問題ありません。ライカ DMC4500 には、スロットブラケット付き PCI カードが付属、これはほとんどの標準デスクトップコンピュータに取り付けできます。

お手元のノート PC に USB 3.0 がない場合でも、問題ありません。操作に多少の制限が加わりますが、このカメラは USB 2.0 ポートに接続して使用することもできます。

速いのがいい。簡単なのがいい。そこで USB 3.0

迅速:

  • ライブ画像を高速で取り込み。SXGA プログレッシブ走査時で最高秒間 18 フレーム、フルフレームモードでは最高 9 フレーム
  • 試料の観察位置選択と焦点調節をコンピュータのモニター画面上で直接実行

簡単:

  • プラグ&プレイ – カメラの接続は USB 3.0 ポート経由。ノート型であれ、デスクトップ型であれ、お手元のコンピュータにつなぎ込めます
  • セットアップが終われば、則実行です

高性能の顕微鏡操作ソフトウェア

Leica Application Suite(LAS)と LAS X がライカの顕微鏡、マクロスコープとデジタルカメラを、ひとつの共通環境に統合します。

LASLAS X を使って、メリハリのあるデジタル画像をすばやく取得するだけでなく、測長、記録作成、さらには撮影画像のアーカイブ作成までも行えます。

LAS/LAS X

ライカ DMC4500 は Leica Application Suite(LAS)と LAS X ソフトウェアに対応しています。

さらに特殊なアプリケーション向けに、ライカマイクロシステムズは、ライブイメージビルダーなどのモジュールをご用意、日々の作業負担を軽くしま す。個々のモジュールの機能や特長などの詳細は、お取引ディーラーにお問い合わせください。そのほか、こちら(インターネット上のお問い合わせ窓口)で も、ご質問を受け付けています。