ハイ・コンテンツスクリーニング

常識を覆す発見は、しかるべき時にしかるべき場所にいて、しかもしかるべき機器がある時に起こります。

  • Leica DMi8モーター付き顕微鏡
  • 高精度スキャニング・ステージ
  • クローズド・ループ・フォーカスドライブ (Z軸に対する正確な配置)
  • Leica Application Suite LAS X (ソフトウェア)
  • ハイ・コンテンツスクリーニングモジュール (ソフトウェアモジュール)
  • Lumen Dynamics X-Cite® XLED1 (LED照明)
  • Leica DFC365 FXカメラ (CCDカメラ)
  • モーター付き補正レンズ (屈折率調整用)
  • 浸水マイクロディスペンサ (水浸液系対物レンズ用)

正確なXYポジション

長期間のサンプルの観察も自信を持ってご対応いただけます。5 nmまでの解像度を誇るLMT200 High Precision Stageでは極めて正確な配置と再配置レートが達成されているため、各ステージで測定な可能な程度にまで変動せずに追跡が可能です。

正確なフォーカス

長期間画像を取得するには、資料のZ軸の変化をシステムが追跡出来る必要があります。クローズド・ループ・フォーカスとLeica DMi8の高速オートフォーカスモジュールを統合すれば長期間の実験中の微細なZ軸の変化も修正可能です。ピンボケの心配はもうありません。

試料スキャニング

スクリーニングはシンプルなマルチポジション画像から複雑な画像取得設定まで幅広くサポート。LAS Xのワークフローベースの構造によるLeica MatrixScreenerで、新しい実験も無理なくフレキシブルに開始できます。また、ユーザー定義のスクリーニング実験も簡単にロードできて、さらに時間の節約が可能です。

稀な事象の検知

CAM (コンピュータ援用顕微)インターフェイスにより、スクリーニング実験中に外部解析パッケージとスクリプトを実行し、稀な事象をその場で検出できます。実験中に画像データをOME-TIFFファイルで外部サーバーに保存し、データを解析して、興味のある画像のみを資料として抽出することも可能です。

革新的な光学

最高画質で至上の光学と最先端のイノベーションを統合します。モーター付き補正環対物レンズを選択すればそれぞれの屈折インデックス適合を簡素化できます。水浸液系対物レンズのために、水浸液系マイクロディスペンサは37°Cで長期観察中に蒸発しないように保つため、最も鮮明な画像を維持できます。

目覚しい照明

細胞を必要なときだけ照明する、Lumen Dynamics XLED1とLumencor SpectraXのような高速のスイッチングLEDベースの光源は、長期の実験の間に光毒性を最小に抑えて実験を通して安定した強さを提供するため、細胞の画像は最後まで良い状態に保たれます。

Cell viability assay. Courtesy of Adrien Eberlin & Marc Koch, IGBMC, Strasbourg, France.