Live Cellアプリケーションのためのインテリジェント顕微鏡 Leica DMI6000 B with Adaptive Focus Control

アーカイブした製品
置き換える Leica DMi8

The Leica DMI6000 B AFCはLive Cellアプリケーションの厳しい環境化においても、アクティブにフォーカスを維持し続けることが可能になります。

自動化されたAFCユニットは、長時間またはハイスピードのタイムラプスレコーディングにおいて、マルチポイントZスタック多重染色テクニックを使った実験系のための究極のツールとなります。

AFCは顕微鏡単体での観察でも、ソフトウェア制御が必要なアドバンストイメージングの実験においても使用することができます。さらにAFCはコントラスト検出によるデジタルオートフォーカスとの組み合わせも可能。フォーカスを維持するだけでなく、形態を変化させていく細胞を使ったタイムラプスにおいても、ダイナミックにフォーカスを追随させ、長時間にわたってスピードと信頼性をもたらします。

Leica DMI6000 B with Adaptive Focus Control

ニューモデル

Leica DMi8
Leica DMi8 A shift of perspective – 次世代倒立顕微鏡