レーザーマイクロダイセクション Leica LMD6500 & LMD7000

アーカイブした製品
置き換える Leica LMD7

重力によるサンプル回収
–コンタミネーションフリーの非接触回収法
レーザーマイクロダイセクション (LMD) は、組織中の関心領域のみを回収するための理想的な装置です。LMDにより、研究者は混ざり合った組織標本の中から均質な細胞群、または単一細胞のみを回収し、疾患や生命現象を解明するための分析を可能にします。 最新の高出力ダイオードレーザーは、切片切除から回収までトップクラスのスピードとシャープな切れ味でのダイセクションを可能にします。切片は直接試薬中に落下回収されるので、コンタミネーションフリーで高品質の回収が可能です。

●レーザービームスキャン方式 –レーザーの光学制御によるカッティングで最高の精度とスピードを実現
●レーザー出力の微細調整–レーザー出力とパルスレートの調整により、細くシャープなカッティングを実現

Leica LMD6500 & LMD7000

ニューモデル

Leica LMD6 & LMD7
Leica LMD6 & LMD7 レーザーマイクロダイセクション