高い再現性

鋼介在物試験、結晶粒度解析、相分離など、金属解析においては、高精度かつ再現性の高い解析が求められます。ライカ DM4 M & DM6 Mは、カメラ・ソフトウェアの完全連動でシームレスな操作、また結果に大きく影響する測定条件(光量、絞り、カメラ設定)を再現するため、再現性の高い結果を提供します。

ニーズにあわせたシステム

サンプルの用途や作業ニーズに合わせて、最適な構成を選択できます。

画像解析LASソフトウェアは顕微鏡、カメラと完全連動しており、顕微鏡操作からカメラ調整、画像取得、測定・解析までワークフロー形式で進めることができます。

ライカ DM6 MはSteel Expert(鋼介在物自動解析)、Cleanliness Expert(コンタミ解析)、Grain Expert(結晶粒度解析)、Phase Expert(相分離:多値化)など、金属解析ソフトウェアを必要に応じて追加できます。

スピーディーな顕微鏡操作

DM6 M: 観察方法切り替え、照明光量調節など顕微鏡操作は、顕微鏡本体のタッチパネル、側面のボタン、外部コントローラーSmartTouchから、顕微鏡をのぞいたまま快適に実施できます。

DM4 M: 顕微鏡設定は手前の液晶ディスプレイで一目で確認できます。側面のボタンから、顕微鏡をのぞいたまま快適に顕微鏡操作できます。

最新のLED照明

最新の高輝度LED照明を搭載し、明視野観察はもちろん、暗視野や偏光、微分干渉など暗くなりがちな観察方法も明るくクリアに観察できます。

  • 光量を変えても色温度が変わりませんので、色味は一定です。
  • ハイパワーLEDにより、対象物をより明るく、鮮明に検出します。
  • 約25,000時間の長寿命でランプ交換不要、低消費電力で節電にも貢献します。

微分干渉およびマクロレンズによる広視野観察

  • 煩雑で調整の難しい微分干渉観察も、DM6 Mでは全自動制御。ワンボタン操作でアナライザー、ポラライザー、適切なプリズムが光路に入り、対物レンズごとに最適なコントラスト調整を記録し、保存することもできます。
  • 1.25×マクロレンズを使用して、広い視野を一目でチェックすることができます。

いつも最適な観察条件

低倍での全体像確認も、高倍の詳細確認も、適切な明るさ、コントラストで観察できます。

マニュアル顕微鏡 ライカ DM4 M

  • 手動2ギアフォーカスドライブ
  • 6穴あるいは7穴コード化対物レボルバ
  • 手動3枚プレートステージ
  • プログラムボタン(6個)
  • イルミネーションマネージャー
  • コントラストマネージャー
  • LED照明
  • 明視野、暗視野、微分干渉、偏光、蛍光観察サポート
  • 画像解析ソフトウェア:Leica Application Suite (LAS)

電動顕微鏡 ライカ DM6 M

  • 高精度電動2ギアフォーカスドライブ
  • 電動6穴あるいは7穴対物レボルバ
  • 手動あるいは電動スキャニングステージ
  • タッチスクリーン
  • イルミネーションマネージャー
  • コントラストマネージャー
  • LED照明
  • 明視野、暗視野、微分干渉、偏光、蛍光観察サポート
  • 画像解析ソフトウェア:Leica Application Suite (LAS)