ルーチン用 電動正立顕微鏡
Leica DM3000 & DM3000 LED

ライカ 電動顕微鏡 DM3000は、他のDMシリーズと同様の人間工学設計で、顕微鏡をユーザー一人一人の体型に合わせることができ、楽な姿勢で作業できるため手・肩・首・背中の疲労を最小限に減らします。病理・臨床検査用にも最適です。

【主な特徴】

●2つの対物レンズをワンタッチで往復切り替えするトグルモード
●対物レンズの切り替えは0.5秒以下の高速、ワンタッチ
●コンデンサートップの自動ハネノケ
●倍率に合わせて照明の明るさを自動調節
●高さを調節できるフォーカスノブなど、体型に合わせて細かく調節できる人間工学設計る。

Leica DM3000 & DM3000 LED

主な特長

トグルモード 自動光量調節機能

トグルモード

トグルモードは、6つの対物レンズの中から2つの倍率を選択し、ワンタッチで瞬時に往復切り替えすることを可能にします。他の4つの対物レンズへの切り替 えも随時可能です。10倍と40倍の切り替えを頻繁に行う遺伝子研究のアプリケーションに最適です。

自動光量調節機能

DM3000では対物レンズを切り換えると、その倍率に応じて明るさが自動調整されます。まぶしさを解消し、目への負担を軽減します。

コンデンサートップの自動切り換え フォーカスドライブ

コンデンサートップの自動切り換え

DM3000の電動のコンデンサートップは、5X以下の対物レンズを使うと、自動でスイングアウトします。より高い倍率の対物レンズを選ぶとスイングインして元に戻ります。顕微鏡が全ての対物レンズに対して、コンデンサートップの最適なポジションを記憶しているからです。

フォーカスドライブ

重さ・上限リミット、さらに高さまでも可能なフォーカスドライブ 重さやサンプル保護のための上限設定ばかりかノブ自体の高さも調節可能。スタンダードな2スピード粗微動ドライブと、粗動、中微動、微動が可能な3スピードドライブが選択可能です。

ワンタッチ 0.5秒対物レンズ切り替え

ワンタッチ 0.5秒対物レンズ切り替え

前面のボタンから任意の対物レンズを選択可能。ボタンをタッチするだけで、0.5秒の高速で切り替わります。