マクロズーム共焦点顕微鏡
Leica TCS LSI

アーカイブした製品

マクロズーム共焦点顕微鏡、ライカ TCS LSIはライカ独自の分光光学系とスーパーズーム光学系を融合させることにより、ミクロからマクロまでの高分解能イメージングが可能な、全く新しい共焦点 顕微鏡です。発生生物学や神経科学の様々な研究を1台で行うことができます。

【主な特徴】

●最大16倍の電動ズーム光学系を融合、観察領域をスムーズに拡大
●高感度・高選択性のプリズム分光方式
●4波長のダイオードレーザー搭載で、高精度な多重蛍光イメージングを実現
●16mmの広い視野と最大97mmの作動距離によるマクロからミクロまで観察可能

 

Leica TCS LSI