超解像レーザー顕微鏡
Leica TCS STED CW

アーカイブした製品
置き換える Leica TCS SP8

ライカ TCS STED CWは光学顕微鏡の分解能の限界を超えることができる最もシンプルな超解像技術を採用しています。複雑な演算処理等を用いることなく、光学的に超解像を実現することができる世界で唯一のシステムです。可視領域の連続波Continuous Wave (CW)を採用することで従来のパルスレーザーを用いるSTEDシステムよりも使用できる蛍光色素選択の幅が広がり、画像取得スピードもおよそ3倍になりました。一般的な蛍光色素と高速スキャンを用いることができるので、生細胞の超解像イメージングへの応用も可能です。

  • 共焦点顕微鏡がベースなので、サンプル深部の観察も、3D画像の構築も可能
  • 生細胞の超解像イメージングへの応用が可能
  • ワンクリックで共焦点顕微鏡から超解像イメージングへ
  • 共焦点顕微鏡TCS SP5からのアップグレードも可能
Leica TCS STED CW

ニューモデル

Leica TCS SP8
Leica TCS SP8 Confocal Microscope Platform for live cell imaging, super-resolution, multiphoton and light sheet imaging.