エルゴノミー: 快適操作で生産性向上

エルゴノミクスは、生産性向上とともに、仕事のパフォーマンス改善においても重要な役割を果たします。長時間に渡り、効率的、かつ快適な環境で仕事に取り組むことができます。

  • 快適操作で仕事の集中度が高まります。
  • 身体の負担を軽減し、健康状態を保ちます。
  • 仕事の質、生産性の向上に貢献します。
  • そのため、よりよい結果が期待できます。

インテリジェントインターフェース

  • フレキシブルモジューラシステム: 不自然な姿勢から解放し, 疲労を和らげます。
  • エルゴノミックデザイン: 快適な作業環境により、生産性を向上します。
  • ユーザーそれぞれにフィットするよう調整可能: 各ユーザーが快適に操作できるよう、それぞれの身体に合うよう調整できます。
  • アーム/ハンドレスト: デリケートな作業による筋肉の疲労を軽減します。
  • ハイクオリティな光学系: クリアな見えで目の負担を軽減します。

エルゴノミックな作業環境

人は一人一人体型や寸法が違います。特にスタッフが頻繁に入れ替わるような職場の場合、顕微鏡は使用するユーザーに合わせた適応性が必要になります。

観察時の目の高さは、身長や姿勢によって調節することが必要です。筋骨格系、特に肩や首の筋肉の緊張を緩和できるようになります。


wrap =