ご連絡ください。

実体顕微鏡向けのエルゴノミックアクセサリー

モチベーションの向上 – 効率アップ

身体の不快感や痛みは煩わしく、集中力を低下させますが、身体の快適さは、安定して効率的な作業を行うための最良の条件となります。人間工学に基づくアクセサリーは、ユーザーが快適に作業を行うために、長時間にわたって顕微鏡で作業しても苦になりません。これらのアクセサリーは、検査室であれ、製造現場や品質管理の場であれ、個別に実体顕微鏡に適合させることができます。

エルゴノミーを競合での強みに http://www.leica-microsystems.com/science-lab/higher-motivation-longer-concentration-ergonomics-as-a-competitive-advantage/

身体的な快適さを提供

  • 集中力が向上
  • 作業に伴う身体の負担を軽減し、欠勤を低減
  • 仕事の質の維持に役立つ
  •  生産性の向上
  • スタッフの快適性を向上

エルゴノミックな作業環境

人は一人一人体型や寸法が違います。特にスタッフが頻繁に入れ替わるような職場の場合、顕微鏡は使用するユーザーに合わせた適応性が必要になります。

観察時の目の高さは、身長や姿勢によって調節することが必要です。筋骨格系、特に肩や首の筋肉の緊張を緩和できるようになります。