複数ユーザーが使用する環境で最適 Leica ErgoTube 10 - 50

エルゴ鏡筒 ライカ ErgoTube® 10° ~ 50° は、鏡筒角度を 10° ~ 50° に自由に可変でき、ライカ M シリーズのすべての実体顕微鏡に取付可能です。

色々な背丈のユーザーが使用する環境でも、個々のユーザーが最適な接眼位置に調整できます。

品番: 10450158

 

Leica ErgoTube 10 - 50

主な特長

鏡筒角度を 10° ~ 50° に自由に可変

観察者は、自分の体格や椅子の高さ・位置にあわせて、鏡筒角度眼幅を変えることができます。鏡筒角度を 10° ~ 50° の範囲で無段階に調節、適切な接眼レンズの位置にすることで、頭をまっすぐな状態に維持できるため、首にかかる負担が軽減されます。

アポクロマート補正、静電気対策

ErgoTube® 内部レンズはアポクロマートレンズ採用により、ハイエンド機種では顕微鏡トータルでのにじみのないクリアな像。ESD 対策(静電気対策)も取られています。