FusionOptics Optical Technology Visualizes even the Smallest Details

優れた立体感と高倍率を両立、20.5X ズーム。 Leica M205 C

ライカ M205Cは、長年の物理的障壁をクリアし、高解像と優れた立体感を両立させる『FusionOptics.』搭載の全く新しい実体顕微鏡です。
20.5X ズームで、1×対物レンズを使用して7.8倍~160倍、2×対物レンズでは最大320倍までの観察が可能に。高倍率域においても、実体顕微鏡ならではの立体感あふれるイメージを実現します。広い作業スペースや堅牢性の高いシステムなど、安心・快適な作業環境を提供します。

Leica M205 C

主な特長

圧倒的なズーム比

立体感と高解像力の達成、革新的新技術、FusionOptics

今までの実体顕微鏡では不可能だった「立体感」と「高解像度」の両立。ライカは、人間の脳のしくみからこの問題を解決しました。
人間の左右の眼を通して脳に送られる像(人間が通常認識している像)は、左右で異なった形状をしていることがわかっています。

2つの異なる情報は人間の脳の視覚野で高度に融合され、立体感のある像を実現します。この脳の機能を活用する発想から開発されたのが『FusionOptics.』。左右非対称の光路から異なった情報(解像力/立体感)を脳にインプット、「高い倍率での立体観察」という、通常の実体顕微鏡では不可能な像を、初めて実現可能としました。

圧倒的なズーム比

20.5×ズームにより、低倍での個体確認や選別から高倍での微小構造の確認までシームレスな立体観察が1台で可能。2×対物レンズでは最高320倍で観察できます。
生物顕微鏡の併用で煩雑だった検査・スクリーニング工程等の作業性を改善、顕微鏡の使い方が変わります。

いつでも正しい測定、コーディングデザイン

いつでも正しい測定、コーディングデザイン

観察倍率や開口絞りなどの数値を記憶(コーディング)。
ライカのイメージングソフトウェア(LeicaApplication Software:LAS)と組み合わせて、自動キャリブレーション機能により、対象物の測定がいつでも可能になります。

インテリジェント新LED光源

落射光源としてリングライトとマルチコントラスト照明、2種類のLED光源を新たにラインアップ。
LASにより、光量や照明方法などをコントロール。観察条件は保存され、いつでも呼び出すことができ再現性ある観察が行えます。