ご連絡ください。
Leica MZ10 F Research stereos

ハイコントラストな蛍光観察に
実体蛍光顕微鏡 Leica MZ10 F

Leica MZ10 Fは、標準で8x-80xの観察倍率と375 Lp/mmの解像力を持つ実体蛍光顕微鏡です。 独自のtriple beam technologyによる明るいシグナルと、抜けの良いバックグランドでハイコントラストな観察が可能です。

FluoIIIフィルターチェンジャーで、 3光路同時にクイックなフィルター切り替えが可能になります。Leica MZ10 Fは遺伝子発現の観察や、発生生物学のアプリケーションにおいて欠かすことのできないツールです。

Triple beam technology separates beam bath specifically for fluorescence illumination.

主な特長

Triple beamコンセプト

Triple beam concept – 蛍光照明のための独立した光路が、質の高いコントラストと詳細な蛍光観察を可能にします。

高速なフィルター切り替え

Fluo IIIフィルターチェンジャー – 4種類までのフィルターセットを簡単な操作で、高速に切り替えることが可能です。

Triple beamフィルターセット

Triple beam フィルターセット – 多様な種類のスタンダード蛍光色素用フィルターセットが用意されており、カスタムフィルターもリクエスト可能です。様々な蛍光アプリケーションに対応します。

8x-80xの標準ズーム倍率

8x-80xの標準ズーム倍率 - ソーティングなどのルーティン作業に理想的な倍率です。オーバービューからディテールまで、一台で観察可能です。

モジュラーコンセプト

モジュラーコンセプト - アプリケーションに応じて、広範なライカ実体顕微鏡アクセサリーの中から必要なものをチョイスすることができます。ライカならではのメリットです。