アポクロマート実体顕微鏡
Leica S8 APO

圧倒的な見え、快適な操作性を追求したハイパフォーマンスモデル

ライカ S8APOはグリノータイプでは世界で初めて、100%最高級アポクロマート補正レンズ光学系を採用し、最高解像度は600LP/mmに達します。総合倍率は10X~80X、作動距離は75mmを実現しました。ズーム比8:1で、観察角度は38°。三眼鏡筒によりドキュメンテーションも自由自在です。

Leica S8 APO

主な特長

見やすく目が疲れにくい視野数23 75mmのワーキングディスタンス

見やすく目が疲れにくい視野数23

観察視野はクラス最大23mm。快適な作業環境を提供します。

75mmのワーキングディスタンス

コンパクトなボディながら、広くゆとりのあるワーキングディスタンスを確保。標準で75mm、0.63XAPO使用で100mmにもなります。

人間工学に基づいた観察角度38° 100%最高級アポクロマート光学系

人間工学に基づいた観察角度38°

より快適な観察を行うためにライカが独自に開発した観察角度38°を採用。

100%最高級アポクロマート光学系

色収差の補正に優れたアポクロマート光学系を採用。高解像力と深い焦点深度でクラスを超えた見えを実現。
写真上:非アポクロマートレンズ
写真下:アポクロマートレンズ