ライカM60は6.3:1ズーム比の実体顕微鏡で、平行に配置された左右二つの変倍光学系と、 一つの対物レンズで構成された「平行光学系」を採用しています。

ライカの豊富なLED照明や各種スタンドなど、組み合わせの自由度が高く、ルーチンの品質検査やスクリーニングなどに最適です。

ライカ M60は無段階ズームながら、7段階のクリックストップ機能で作業効率の向上、再現性ある観察・検査が可能です。

Leica M60

主な特長

広視野 自由度の高い組み合わせ

広視野

旧モデルと比較して、同じ倍率で20%観察視野が広くなりました。

自由度の高い組み合わせ

ライカ実績ある実体顕微鏡の豊富なアクセサリを自由に組み合わせ、観察条件や試料に最適なシステムにすることができます。

 

 

深い焦点深度

ライカならではの深い立体感で見たいところがクリアに、またフォーカス合わせも最小限で済みます。

コンパクトなデザイン

ライカM60は高機能ながら、コンパクトで省スペースなデザインです。