観察の必要があるものを正確に観察

深い空洞や幅の狭い空洞などの細部まで鮮明に観察が可能なため、歯科医が技能を正確に効率良く発揮することができ、患者様の満足とロイヤリティの向上につなげていくことができます。

  •  アポクロマート光学系と 2 個の長寿命 LED が明るく実際の色に忠実な色を再現し、ランニングコストの低減を実現
  • 5 段階変倍ノブ(オプション)により、ワークフローを中断することなく作業が可能
  • ライカ M320 マルチフォーカス対物レンズを含む多様な対物レンズオプション

 

 

信頼の強化

 

静止画あるいは動画を使用して患者様に治療過程を順を追って説明することで、患者様ご自身や家族の方からの信頼につながります。撮影したファイルを PC に転送して患者様のカルテに保存し、診察毎に歯科医とチームで患者様のすべての治療歴を容易に再確認できます。

 

専門知識を共有

ライブ映像や、保存した動画や静止画ファイルを使ってチームのトレーニングを行ったり、会議やオンライン上でご自分の専門知識を多くの人と共有することができます。

  • ケーブルフリーの完全一体型高解像度フルHDカメラによって、鮮明な詳細と自然な色を実現
  • 静止画および動画を SD カードに保存し、SD カードまたは USB ポートから容易に PC へ転送
  • リモコン、または顕微鏡で直接、簡単に記録の操作が可能
  • モジュール式顕微鏡のため、将来のアップグレードに対応可能

 

快適性と効率が向上

歯科用顕微鏡ライカ M320 は、歯科医の体格や作業時の好みに合わせて調整できるように設計されており、わずかな力で迅速に顕微鏡の位置を調整することできます。緊張を強いられる背中を丸めた作業ポジションや負担の大きい動きが低減され、ワークフローの中断が抑えられ、パフォーマンスを発揮することに集中することができます。

  • 2 個の双眼鏡筒:操作の簡単な 45˚アングル鏡筒と柔軟性にとんだ 180˚アングル鏡筒
  • エルゴノミクスをさらに向上するための専用アクセサリー:エルゴウェッジおよびエルゴオプティーク

 

フォーカスを合わせ続ける

オプションのライカ M320 マルチフォーカス対物レンズは、調整ノブを回すだけで作動距離を 200 mm ~ 300 mm の範囲で調整できます。位置決めの時間と労力を低減することで、効率と集中力の低下を防止できます。不必要な動きを抑えることで、人間工学的に好ましい姿勢を維持することができ、調整ノブは好みに応じて左、右、中央に配置することができます。

 

診療内容に適した装備を確保

歯科用顕微鏡 ライカ M320 は、歯科医の作業時の好みや、診療スペースおよび衛生上の要求に応えるよう設計されています。無駄のないデザインは、クオリティの高い歯科診療を印象づけ、患者様からの信頼にもつながります。

  • ライカ AgProtect 抗菌コーティングは病原体の付着を低減し、ハンドルは取り外して減菌可能
  • ケーブルが本体内に収納され、洗練された、ほとんどパーツの継ぎ目がないデザインで、クリーニングが容易
  • フロアスタンド、ウォールマウント、シーリングマウントを選択可能。多くの一流メーカーの歯科治療機器への組み込みも可能