FusionOptics Technology

細かなディテールも観察

後眼部の手術を行う際には、照明を落とした環境で特に精密さが必要とされます。今までははっきりとした画像が得られなかったり、ディテールが観察できないなど、リフォーカスに時間や手間がかかっていました。

ライカ独自の技術FusionOpticsは、非常にはっきりとした、テクスチャも豊かなイメージを提供しますので、さらに手術が効率的に、精密に行えるようになるでしょう。

 

 

安定したレッドリフレックス、イメージ

全工程で安定した視野を確保することができれば、白内障手術においても自信をもって処置に集中することができます。

CoAx4 同軸LED照明による、安定したレッドリフレックスと高コントラスト。

また、術者だけではなくアシスタント、カメラのいずれにも同一の画像を提供します。 

4本の独立した観察光路から完全同軸照明光を落射させることで、術者、助手の双方に安定したレッドリフレックスを提供し、照野径は患者様にあわせて調整することができます。これは照明をおとしてもも高いコントラストが得ることができるように設計されたものです。

 

 

 

 

Ophthalmic Microscope Leica Proveo 8

そして、その先の未来へ。

将来を見据え、フレキシブルでいることは重要です。Proveo 8は将来的な拡張性にも対応しています。各種イメージング、ドキュメンテーションのソリューションにもフレキシブルに対応できるようなモジュール設計になっています。

IOLガイダンスソフトウェアを使って、術前のプランニング、正確なIOLの位置を算出することができます。

OCTを使って、手術中にリアルタイムで断層構造を可視化することもできます。

高効率の、その先へ。

中断なく、1度で流れるように進められることができ、手術中次の段階にいつも備えられることが理想的なワークフローです。

手術をスムーズに進めるアシスト機能で、術者は手術に集中することができます。事前に手術やフェーズにあわせてプログラミングをすることができ、ワイヤレスフットスイッチで操作が可能なので、ワークフローを中断することがありません。

また術者情報パネルを設置、照明、倍率、録画の状態やVRモードなど現在の設定を一目で確認することができます。