耳鼻咽喉科(ENT)用顕微鏡 Leica M320 F12 for ENT

LED 搭載のライカ M320 F12 - 耳鼻咽喉科(ENT)用に開発された最先端の顕微鏡です。

 ライカ M320 F12 には、高品質のアポクロマートの光学性能に最先端の LED 照明と高解像度のイメージングテクノロジーが結集されています。使いやすく、柔軟性に富み、スムーズな操作性もこの顕微鏡のさらなる特徴です。ライカ M320 F12は耳鼻咽喉科科向け顕微鏡の業界スタンダードを変えるでしょう。

Leica M320 F12

主な特長

優れたコストパフォーマンスと持続可能性 優れた効率性

優れたコストパフォーマンスと持続可能性

寿命約 60,000 時間の LED 照明は、顕微鏡の所有コストとランプ交換に伴う費用を節約できます。

優れた効率性

双眼鏡筒、対物レンズ、ハンドル、および振動のない顕微鏡アームは、医師の好みと専門に合わせてカスタマイズできます。

衛生的 高解像度の記録

衛生的

ライカ M320 には事実上ジョイント部がありません。ケーブルはすべて内部配線されています。ハンドルは水洗いし、滅菌できます。表面は効果の永続するコーティング AgProtectTM で抗菌処理されています。

高解像度の記録

患者様に治療の様子の静止画や動画を確認いただくことも可能。すべてのデータを SD カードに保存することができます。