外科手術用顕微鏡システム
Leica M525 F20

ライカM525 F20は、すばらしい光学性能を優れた操作性と結合した、機動性に富んだ手術用顕微鏡システムです。

シャープで鮮明しかも焦点深度の深い観察像は、術者に正確なディテールを保証します。

ライカ独自のBrightCareTMとAutoIrisTM機能により、もっとも深い術野も明るく照明し、しかも患者を熱傷の危険から守ることができます。

豊富なアクセサリー群とモジュラーシステムにより、ENT、脳神経外科、スパイン手術等々広範なマイクロサージャリーのニーズに対応することができます。

The Leica M25 F20 surgical microscope for for otolaryngology, and neuro, spine and ENT surgery.

主な特長

スムーズで秀でた動き

コンパクトで操作性に富んだ設計がスムーズで秀でた動きにより、術者の快適さと患者のケアを改善します。

 

電動式MaltiFoc™ 対物レンズ

作業距離207mm~400mmで電動フォーカシングが可能、広範な手術ニーズに最適に対応することができます。

キセノン照明システム

メイン、バックアップ用の独立した2個の180Wキセノンランプを装備。独自のBrightCareTM、AutoIrisTM機能とともに明るくしかも安全な照明光を提供します。