ご連絡ください。
CaptiView Neurosurgery & Spine

目の前に HD 画像

画面と術野との間で絶えず視線を切り替えることがもたらす、集中力の途切れがありません。CaptiView モジュールは、高解像度、高コントラストの補助的な画像データをライカ M530手術 顕微鏡の接眼レンズ内に直接映し出します。

  • 1920 x 1080 画素のフル HD モニターは、従来の装置よりも 2.6 倍高い解像度で表示します。
  • LEDバックライトと液晶画面による500:1高コントラスト画像は同期された(オーバーレイ)データまたは非同期データとして見ることができます。
  • 左、右、または両方の* 接眼レンズでの観察を選ぶことができます。

*FL800 蛍光画像は、右眼にのみ視野内表示可能。

統合することで集中力の中断を回避

CaptiViewモジュールは、主要なIGS ナビゲーションシステムに適合しており、お使いのライカ M530 手術顕微鏡のオプティクスキャリアに組み込むことで中断のない手術ワークフローを実現します。顕微鏡のハンドグリップをワンタッチするか、またはワイヤレスフットスイッチを操作するだけでオーバーレイを起動することができます。

  • 主要メーカーの脳ナビゲーション(IGS)システムのデータを表示させることができます。
  • FL800 蛍光モジュールを用いて、血流をリアルタイムで可視化できます。
  • 作動距離、顕微鏡照明の照度、倍率、および録画の状況を含む顕微鏡設定を確認できます。
  • 内視鏡画像をオーバーレイできます。

オールインワン

IGS ナビゲーションシステムからのデータとリアルタイムの血管蛍光画像とを視野内表示させることができます。

視野を共有し、術者のスキルも共有

術者と助手が同じ視野を得ることで、助手は術中の術者の繊細な作業をフォローしやすくなります。

  • 画像はアシスタント双眼鏡筒にも視野内表示され、HD モニター上に表示できます。
  • 視野内表示された画像はフル HD 記録することができ、術後の評価や、手術室外での教育にも利用できます。
  • ハンドグリップ、フットスイッチやコントロールパネルで、簡単に記録を開始/停止することができます。

脳内用の GPS 機能

IGS ナビゲーションシステムは、腫瘍切除や動脈瘤治療などの脳神経外科手術において一般的になってきています。CaptiView モジュールは、IGS ナビゲーションシステムによる位置トラッキングと術前データを、顕微鏡の接眼レンズ内に視野内表示します。 術野から目を逸らすことなく、術前データや複雑な脳構造画像と関連付けて、対象部位を見ることができます。CaptiView モジュールは主要な先進的 IGS ナビゲーションシステムに適合。詳細については、ライカ マイクロシステムズまたはお取引ディーラーにお問い合わせください。

M530 OH6とBrainlabシステムによる脳ナビゲーションとを使った脳外科手術