ライカ 蛍光モジュール Leica FL800

ライカ脳神経外科手術用顕微鏡システムに搭載された FL800は、最新技術を統合して蛍光による卓越した脳血管内の造影像を提供します。術者は、術中に脳血管の灌流範囲や開存性を顕微鏡の接眼レンズ、または、ビデオモニターで直接観察することができます。

ライカ FL800は蛍光試薬ICG(インドシアニングリーン)とともに動脈瘤手術に新たな可能性をひらきます。

The Leica FL800 lluorescence module 820nm/NIR

主な特長

血流をリアルタイムに観察

顕微鏡下、術中の血流をリアルタイムに観察できるため術者は血管の灌流をその場で確認することができます。

照明モードもワンタッチ切り替え

通常観察用白色光と蛍光観察用近赤外線との切り替えは、顕微鏡のハンドルグリップのボタンひとつで簡単に行えます。

さらに観察機能をパワーアップ

ライカ M525/M520 OH4 にイメージングモジュール DI C500またはライカ M720 OH5にイメージングモジュール DI C700を取り付けて使用すれば、観察像のなかに蛍光像を重ねて表示でき、いっそう高度な手術環境を実現することができます。