外科手術用顕微鏡システム Leica M525 OH4

ライカ M525 OH4は、術中のあらゆる局面におけるドクターの創造的、そして直感的な操作に応えるため、ゆとりのある「動き」を実現しました。ライカ特有のオーバー ヘッドスタンドは、6軸の完全バランシングで特許取得したムーブメントシステムを特徴とし、あらゆるポジショニングが可能です。

ライカでは開発にあたり、特に安全性に配慮。患者やドクターを熱傷事故から守る機能(BrightCare, AutoIris)や万が一のためのユニットごとに独立したバックアップシステムをライカ M525 OH4に備えています。

世界中のドクターからのニーズに応えるために、生み出された最先端の手術顕微鏡テクノロジー。ライカM525 OH4はその結晶なのです。

外科用顕微鏡システム Leica M25 OH4

主な特長

高い安全性

患者やドクターを熱傷事故から守る、光量自動コントロール機能BrightCare, 照明範囲自動コントロールAutoIris を搭載で、高い安全性を確保。

本物のオーバーヘッド設計

ライカ特有のオーバーヘッドスタンドは、6軸の完全バランシングで特許取得したムーブメントシステムを特徴とし、あらゆるポジショニングが可能です。

ユニークな照明

自動ランプ交換機能付きの完全独立式2光源照明システム(300Wキセノン)