ご連絡ください。
Leica M530 OH6 Neurosurgery & Spine

FusionOptics を使用してフォーカスし続ける

ライカ M530 OH6 はライカ マイクロシステムズの独自技術 FusionOptics により、深い焦点深度と高い解像度を両立させることで、バランスのとれた観察像を生み出します。また、FusionOpticsで観察することでフル フォーカスの範囲が広がり、顕微鏡のピント合わせが簡単になります。

FusionOptics の技術

  • 2 系統の独立した光路
  • 片方の光路は焦点深度を確保
  • 他方の光路で高解像度情報を提供

両方の画像を脳内で統合し、単一の立体感のあるイメージを形成

深い洞察を得る

研究を重ねられた照明と光学系技術を備えたライカ M530 OH6 は、信頼性の高い観察像を提供します。

  • スモールアングルイルミネーション(SAI)により、深く狭いキャビティの奥まで観察可能
  • 明るい 400 W キセノンライト
  • ライカのアポクロマート光学系による、クリアでシャープにフォーカスされた画像
  • 倍率を 40% 増大させるライカ倍率マルチプライヤー(オプション)
  • SpeedSpot レーザーフォーカスにより、メインの術医、アシスタント、そしてビデオカメラも迅速なピント合わせが可能

改善された人間工学によってフォーカスし続ける

手術中に快適な姿勢を取ることができれば、きわめて精密な作業にもフォーカスし続けることができます。ライカ M530 OH6 は個別のニーズに適合できるように設計されています。外科医の厳しい要求に耳を傾け、それをインテリジェントな人間工学の特徴に反映させました。

より快適な作業

  • 業界トップクラスの 600 mm の作業距離により、長い器具も使用可能
  • コンパクトなオプティクスキャリアにより、接眼レンズから対物レンズへの距離を短縮。多様なニーズに応える各種双眼鏡筒の選択肢(いずれも 360° 回転可能)
  • 独立したフォーカス機能により、アシスタントも快適に観察が可能
  • 対面アシスタントの手術姿勢が向上

顕微鏡の柔軟な操作性

作業スペースが増え、顕微鏡の操作性がよければ、作業に集中し続けることができます。簡単で精密なオートバランス、非常に軽い動き、そしてコンパクト設計を特徴とするライカ M530 OH6 は、手術室における信頼性の高いパートナーです。

信頼できる顕微鏡スタンド

  • クラストップクラスのリーチ
  • 広々とした頭上スペース
  • コンパクトな設置面積で手術室のスペースを最大限に活用
  • 全方向自由な動作、自由な傾きのオプティクスキャリアによって、スムーズな操作性を実現

未来の課題にもフォーカスし続ける

ライカ M530 OH6 は、現在だけでなく将来にわたってサポートできるように設計されています。オプティクスキャリアにケーブルとカメラが格納されているため、操作性が向上。ライカ マイクロシステムズのオープンアーキテクチャーと、独自のアップグレード対応システムにより、HD、2D、3D、蛍光などイメージング技術も簡単にアップデートすることができます。

必要な画像データを視野内に捉え、フォーカスし続ける

難度の高い開頭手術において正確で確信の持てる判断を行うためには、手術室内にある複数の画像データを通じた全体像の把握が必要です。視線を外すことなく、術中の患者様にあなたの意識をフォーカスしたままで、手術支援のための画像データを高解像度で見ることができるとしたらいかがでしょうか?CaptiView 視野内表示モジュールを使えば、あなたの手術室で、それを実現できます。

  • データを直接接眼レンズ内に視野内表示 – CaptiView は、FL800 血管蛍光、顕微鏡データや内視鏡画像を表示できます。また、多数の先進的な IGS ナビゲーションシステムにも対応しています。
  • 1920x1080画素のフルHD表示とLEDバックライトにより高解像度、高コントラストの画像が得られます。外部のモニターに視線を移すことにより集中力を途切れさせることはありません。
  • IGSナビゲーションシステムに完全準拠しており、お使いのライカM530顕微鏡に組み込めば、中断のないワークフローを実現できます。
  • メイン術者と助手が同じ視野を得ることで、助手は術中の術者の繊細な動作をフォローしやすくなります。
  • 視野内表示画像はフルHDでの表示と記録ができるため、術後の症例のレビューや教育にも役立ちます。