コンタミネーション解析システム Leica Cleanliness Expert

ライカ Cleanliness Expert は、微細機構部品およびエンジン部品の洗浄液内のコンタミ測定向けに設計されました。メンブレンフィルタで捉えた微粒子の分類および特定化を目的とする、すべてのアプリケーションで使用できます。

測定中にはフィルタの全体像が描画され、検出された最大の微粒子状異物のサイズが表示されます。ユーザーは、全体像を拡大し、フィルタの状態、画質、非常に大きな繊維状または粒子状異物の存在を早期に確認できます。

Leica Cleanliness Expert

主な特長

ライカトータルソリューション

ライカの顕微鏡、デジタルカメラ、画像解析システムを含むトータルソリューション。お客様の要求に十分に対応します。

コンタミ自動分類

コンタミを反射性/非反射性に自動分類。コンタミの発生源やコンタミから推測できる潜在的リスクの評価に役立ちます。

測定後のコンタミ確認編集機能 国際規格に対応

測定後のコンタミ確認編集機能

微粒子測定データに個別にアクセス可能。コンタミ以外のものの削除や結果の編集ができます。

国際規格に対応

清浄度測定に関係する最新規格に対応(ISO 16232、ドイツ自動車工業会規格VDA 19)。