ライカマイクロシステムズ 超解像顕微鏡

超解像顕微鏡は、回折限界を克服し、研究者は ナノスケールでの細胞内のアーキテクチャとダイナミクスを調べることができます。2004年に初の超解像顕微鏡 Leica TCS 4Pi の発売により、ライカマイクロシステムズは、ライフサイエンス研究に革命をもたらしました。Ernst Leitz の信念である ‘with the user, for the user’ を忠実に、ライカマイクロシステムズは、一流の科学者や開発パートナーと連携し、超解像を継続的に開発し、これらの高度な超解像システムの性能を向上させてきました。

超解像分野での豊富な経験により、ライカは優れた製品を提供しています。:高いサービスとサポートへの義務も、ライカマイクロシステムズの最優先事項です。


超解像顕微鏡 ライカ TCS SP8 STED 3Xは、ライカマイクロシステムズ エクスペリエンスラボ デモルームにてご覧いただけます。  http://xlab.leica-microsystems.com/

 

 

 


Simulation of red and green entities organized in two rings as seen at different levels of resolution. Data courtesy of Remko Dijkstra, Scientific Volume Imaging Deconvolution powered by Huygens - SVI