電子顕微鏡及び光学顕微鏡向け
凍結置換、低温重合システム Leica EM AFS2

ライカ EM AFS2は各種凍結法により凍結固定された試料の凍結置換やPLT(progressive lowering of temperature;段階的低温包埋法)を行う装置です。

極低温から室温まで正確な温度制御プログラムが働き、低温環境下で試料が化学固定や脱水されることにより忠実な超微形態を保つことができます。また、LED-UV照明により低温下での紫外線重合機能もあり、抗原性を残した免疫電子顕微鏡用の試料作製も可能です。

ライカ EM FSP(凍結置換プロセッサー)は、EM AFS2向けに開発された自動試薬操作システムです。あらかじめAFS2チャンバー内に100%の置換溶液、溶媒、樹脂原液をセットしておけばプログラムに従って、FSPが試薬装填・吸出しから希釈、撹拌まで行います。
また、EM FSPにもLED UV照明内蔵なのでそのまま紫外線重合まで行うことができます。

For research use only
The Leica EM AFS2 - Freeze Substitution and Low Temperature Embedding System

主な特長

準備時間の削減

試薬容器の試薬原液からの自動希釈機能によりユーザーの試薬調製や準備にかかる時間を削減します。

1ステップ試料作製

LED UVランプによる高速な紫外線重合を用いることで、ユーザーは1回の操作で試料調製完了します。しかも、動作終了時まで試料と試薬の追加、取り出しが可能です。

 

 

低湿度チャンバー内での試料作製

調節可能なガストランスファー機能(TF)によって、チャンバー内に低温ガス窒素を常時供給し、温度上昇や湿度によるコンタミネーションを排除します。