錠剤断面試料作製装置
Leica EM RAPID

錠剤の断面出しに特化した、精密断面作製装置

近赤外分光測定法による医薬品有効成分の分散状態の測定に向けた丸剤および錠剤の断面の断面試料を作製するために設計されています。
タングステンカーバイドまたはダイヤモンド製ミリングカッターを用いることにより、丸剤のコーティングに起因する切断面の汚れを生じることなく、丸剤のカプセルを除去しミリングすることができます。

For research use only
Leica EM RAPID

主な特長

単一錠剤ホルダー スライドグラスホルダー(多錠剤用)

単一錠剤ホルダー

インサートに丸剤をマウントし、アダプターに固定します。ミリング後、インサートをそのまま近赤外分光光度計にセットします。インサートの寸法は、Perkin Elmer社製の錠剤用オートサンプラーに適合しています。

スライドグラスホルダー(多錠剤用)

機能的に設計されたスライドグラスホルダーを使用すれば、複数の丸剤を同時にミリングできるため、処理能力が大幅に向上します。

ミリング・ツール

ミリング・ツール

設計が最適化された直径8mmおよび12mmのタングステンカーバイトおよびダイヤモンド製ミリングカッターの採用により、丸剤のコーティングによる切削面の汚れを生じることなく、高品質の切削面を作製できます。