臨界点乾燥装置 Leica EM CPD300

ライカ EM CPD300は、花粉、組織、植物、昆虫などの生物試料の乾燥、工業材料では、MEMS (Micro Electro Mechanical Systems) のSEM分析の前処理に用いることができます。

低CO2 消費量かつ短い処理時間に有効な新型フィラーコンセプトを開発しました。

また、ソフトウェアによる各種停止機能と廃液分離装置の内蔵により、より高い安全性を実現しました。

For research use only
Leica EM CPD300

主な特長

高品質な試料

全自動化による再現性のある制御されたプロセスにより、高いクオリティを実現しました。

多彩な試料ホルダー

様々な試料サイズに対応する、多種類の試料ホルダーをご用意。

ニーズに合わせてお選びいただけます。

安全で簡単な廃液システム

廃液分離装置内蔵で、ユーザーは直接の接触なく安全かつ簡単に廃液処理が可能です。