ライカマイクロシステムズ 超解像顕微鏡

超解像顕微鏡は、回折限界を克服し、研究者は ナノスケールでの細胞内のアーキテクチャとダイナミクスを調べることができます。2004年に初の超解像顕微鏡 Leica TCS 4Pi の発売により、ライカマイクロシステムズは、ライフサイエンス研究に革命をもたらしました。Ernst Leitz の信念である ‘with the user, for the user’ を忠実に、ライカマイクロシステムズは、一流の科学者や開発パートナーと連携し、超解像を継続的に開発し、これらの高度な超解像システムの性能を向上させてきました。

超解像分野での豊富な経験により、ライカは優れた製品を提供しています。:高いサービスとサポートへの義務も、ライカマイクロシステムズの最優先事項です。


超解像顕微鏡 ライカ TCS SP8 STED 3Xは、ライカマイクロシステムズ エクスペリエンスラボ デモルームにてご覧いただけます。  http://xlab.leica-microsystems.com/

ご不明点はございませんか?

顕微鏡に関するお悩みがございましたら、私たちライカスタッフへお気軽にご相談ください。"

Super-resolution and nanoscopy products 3

STELLARIS 共焦点顕微鏡プラットフォーム

STELLARIS 5 & STELLARIS 8

ライカは STELLARIS 共焦点プラットフォームによって、より真実へと近づくために共焦点顕微鏡を再び創造しなおしました。

STED 顕微鏡 STELLARIS

STELLARIS STED & STELLARIS 8 STED

STELLARISは、STEDの全ての能力と可能性を、システムに完全に統合することができます。

Infinity TIRF

マルチカラーアドバンスド TIRF モジュール

ライフサイエンス

ライカマイクロシステムズのライフサイエンスリサーチ部門は、革新的技術と理化学分野の深い専門知を要する業界において、微細構造の可視化、測定、分析のためのイメージングソリューションを提供します。

Read More

ウイルス学

ウイルス研究のためのイメージングと試料作製ソリューション

Read More

神経科学研究

神経変性疾患の理解向上に取り組んでいる、もしくは神経系の機能を研究をしていますか? ライカマイクロシステムズのイメージングソリューションによってブレイクスルーを起こす方法をご覧ください。

Read More

がん研究

がんは、成長調節における欠損細胞によって引き起こされる複雑な異質性疾患です。 細胞または細胞群内の遺伝的および後成的変化が通常の機能を妨げ、自律的、非制御の細胞成長と増殖を引き起こします。

Read More

詳細を知りたい方はこちら

ライカまでご相談ください お客様のご質問やお悩みにお答えします。

お問い合わせ

ライカまでお気軽にご相談ください