お問い合わせ

マイクロマニピュレーション

多くのタイムラプスあるいは多次元画像取得の実験において、細胞マニピュレーションは後続の分析課程の開始点となります。DNA、RNA または試料の接着細胞へのマイクロインジェクションは、経路および細胞内機構のより良好な理解を可能にします。 卵母細胞あるいは胚盤胞への DNA、幹細胞あるいは精子のマイクロインジェクションは、遺伝子組換えあるいはクローン有機体を作りだすため、または体外受精(IVF)などの生殖補助医療(ART)のための卵母細胞の受精に用いられます。

さらに CRISPR/Cas9 技術は遺伝子導入動物を作るために用いられます。

お気軽にご連絡ください

マイクロマニピュレーションについての弊社のソリューションについて詳細情報をお望みでしょうか?

マイクロマニピュレーション関連製品

マイクロマニピュレーション関連製品 2

完璧な安定性

小さな微粒子(前核など)を視覚化するために振動のないセットアップと卓越した光学系を実現することは、マイクロマニピュレーションにおいて最も一般的な課題です。

優れた精度を提供するライカ マイクロシステムズ製の機械式マニピュレータは、卵母細胞、接着細胞、および植物細胞などの生きている有機体において微細な外科的、生理学的、あるいは化学的操作 が行われるライフサイエンスアプリケーションに最適です。典型的なアプリケーションとして、接着細胞へのマイクロインジェクション、遺伝子組換え、および幹細胞関連の作業を挙げることができます。

ライカ DMi8 はマイクロマニピュレーションのための安定したプラットフォームを提供します

ライカ DMi8 は、安定した、人間工学に配慮したフレキシブルな顕微鏡プラットフォームと、細胞の視覚化のための種々のコントラスト法を提供します。マイクロマニピュレーターと組み合わせて、お客様の細胞作業に最適なシステムを構築できます。

鮮明な画質

高解像度およびコントラストによる精子頭部のような小さな組織の視覚化。モジュレーションコントラストおよび DIC のような卓越したコントラスト法と多様な高品質対物レンズから適切なものを選択して、微小な組織を明瞭に観察することができます。

試料を視野内に維持

対物レンズの交換が不要で移動する試料を見失うことのないズームイン/ズームアウト。ライカのバリオズームカメラ C マウントはアダプターを回すだけで倍率の増減が可能で、形態のチェックあるいはインジェクション用精子の捕獲のために倍率を変更する際に、精母細胞のような高速で動く試料を視野内に維持するのに最適です。

作業に集中

タッチスクリーンあるいは顕微鏡のボタンを 1 回押すだけで、コントラスト法あるいは倍率を変更できます。

ライカ Leica DMi8 に装備されたインテリジェントな自動化機能が、試料を最適に視覚化するための適切な光学エレメントを選択します。

便利で人間工学に配慮したリモートコントローラー

顕微鏡の隣に配置したライカ Smart Move で焦点とステージ移動を容易に操作。

ライカ MATS

MATS = Microscope-stage Automatic Thermocontrol System(顕微鏡ステージ自動温度制御システム)

適切な温度の維持

  • ライカ MATS 加熱ステージインサートは、100x までの乾燥系対物レンズおよび油浸対物レンズとともに作動します。
  • 精密で安定した温度制御により、影響を受けやすい試料を確実に適切な温度で管理することができます。

ICSI の設定例

ライカ マイクロシステムズとナリシゲ:世界中で広く使用されている組合わせ。ナリシゲ製の手動および電動油圧マイクロマニピュレーターと組み合わせて、お客様のニーズに合致して作動するオプションを見つけることができます。

  • 手動フォーカスと対物レボルバーを備えた DMi8
  • 10x、20x、40x 対物レンズ
  • モジュレーションコントラスト
  • 手動スリープレートステージ
  • ライカ MATS 37°C 加熱インサート
  • DMC2900 カメラ

前核インジェクションの設定例

弊社の機械式マイクロマニピュレーターを装備した DMi8 は精密で堅牢な装置です。ジョイスティックの動きは、バックラッシュなしで直接毛細管へと伝わります。

  • 電動フォーカスと対物レボルバーを備えた DMi8
  • タッチスクリーン ▪10x、20x、40x 対物レンズ
  • 微分干渉コントラスト(DIC)
  • 手動あるいは電動スリープレートステージ
  • DMC2900 カメラ

胚性幹細胞移入の設定例

完全電動マイクロマニピュレーション:完全に電動化されたライカ DMi8 と Eppendorf 製マイクロマニピュレーターにより重要な機能を保存および再呼出しが可能なため、作業速度と精度が向上します。すべての顕微鏡機能を簡単かつ直観的に操作するためにタッチスクリーンを追加することができます。

  • 電動フォーカスと対物レボルバーを備えた DMi8
  • タッチスクリーン
  • 10x、20x、40x 対物レンズ
  • モジュレーションコントラストおよび位相コントラスト法
  • 手動あるいは電動 スリープレートステージ
  • DMC2900 カメラ