お問い合わせ
RemoteCare Service Confocal Microscopes Leica Leica Microsystems

お使いの機器をリアルタイムでモニタリング

高度なモニタリングのオプション RemoteCare

リモートケアはお使いの顕微鏡のモニタリングとサービスのための高度なオプションです。最も重要な運用条件を追跡し、標準あるいは予想される結果から外れた点があればその旨を早期に通知します。

  • このモニタリング方式でダウンタイムが防止され、機器の確実な稼働が保証されます。
  • リモートケアでは情報が容易に得られるため、修理の必要が生じたときも 30% 以上のケースでライカのサービスチームがリモートで問題を解決しています。
  • どのような場合でも、記録されたデータから、機器の稼働を速やかに再開するために必要な情報を得ることができます。

リモートケアは安全です。最新の Device Relationship Management テクノロジーにより、暗号化されたインターネット接続を通じて、ライカのリモートモニタリング プラットフォームとリアルタイムで安全な通信が可能です。

リモートケアで送信されるのは、迅速なサービスの提供に必要な機器の診断情報だけです。

 

 

国によっては一部の製品またはサービスが利用できないことがあります。詳細については、ライカ マイクロシステムズまたはお取引ディーラーにお問い合わせください。
科学機器のための高度なモニタリングおよび修理のためのリモートケア

Key Features

迅速な支援、リアルタイムのモニタリング

迅速な支援、リアルタイムのモニタリング

ライカ マイクロシステムズのリモートサービスおよびモニタリングのためのリモートケアは数々の賞を受けており、お使いの機器の運転状況を積極的にモニタリングすることで、稼働時間に異常が発生する前に問題点を検出できます。現場出張が必要な場合でも、弊社サービスチームはリモートケアによって機器の履歴と現状を分析できるため、適切な工具や部品を揃えて訪問することができ、1 回の出張で迅速に問題を解決することが可能になります。

修理への予防的アプローチ

修理への予防的アプローチ

問題点が検出されたときは、自動警報信号がライカの技術サポートチームに送信されるので、弊社でその問題点を検討し、お客様に積極的にご連絡して機器のダウンタイムを最小限に抑えられるような対策を講じることが可能です。お使いのシステムの重要な温度やレーザーの稼働状況その他のデータを連続的にモニタリングすることで、故障の可能性を最小限に抑えます。また、機器性能の一層の向上を図るため、ソフトウェアには常に最新のアップデートを適用しています。

稼働時間の改善

稼働時間の改善

ライカの共焦点顕微鏡は、すべて出荷時点で設定済みのソフトウェアエージェントを備えており、お客様の許可を得て有効化することでリモートケアが利用可能になります。有効化されたソフトウェアエージェントは、バックグラウンドで主要な診断情報を収集し、問題発生の可能性を自動的に検知することにより、最適な性能と稼働時間を確保します。

安全な IT アーキテクチャ

安全な IT アーキテクチャ

リモートケアは、現行の IT セキュリティ規格に適合しており、機器の診断および状態に関する情報のみを収集します。分析を進めるためにリモートでの PC セッションが必要になったときは、お客様にアクセスの許可をお願いします。リモートケアでは、セッション中に技術サポートチームと対話することも可能です。

IT セキュリティ白書のダウンロード