新しいLAS X Steel Expertソフトウェアによる鋼品質の確保

ライカは、鋼材料に含まれる非金属介在物を自動解析するLAS X Steel Expertを発売します LAS X Steel Expertソフトウェアは、ISO 4967、EN 10247、ASTM E45、DIN 50602、GB/T 10561、IS 4163、JIS G0555、KSD 0204、SEP 1571など、様々な鋼品質の国際、地域、組織の各規格に準拠した解析を可能にします

自動車、輸送、金属加工、電力、建設産業などでは、鋼品質は極めて重要です。 鋼の製造中に硫化物・酸化物などの非金属物質が生成、これらの物質が多いと鋼の強度、靭性、耐腐食性などに影響を与える可能性があります。

新しいLAS X Steel Expertソフトウェアの特長 
•    使いやすいインターフェースで直観的で容易な操作が可能
•    分析時間の短縮 デュアルビューワー式で試料と介在物の両方を同時に観察 
•    介在物評価基準をカスタマイズ、保存でき、規格の変更にも迅速に更新
•    ユーザー定義の基準の作成と組織の規格およびプロセスに準拠した分析

LAS X Steel Expertソフトウェアの詳細をご覧ください

Related Images