高解像度センサー搭載で、自然な質感をもったリアルな描写力

ライカ マイクロシステムズは、新たに 2,000 万画素の CMOS DMC5400 顕微鏡用デジタルカラーカメラを発売いたします。産業およびライフサイエンス研究の様々なアプリケーション向けに記録、評価および解析するのに理想的なイメージングツールです。

DMC5400 最新の CMOS センサー技術により、豊かな色解像度、シャープネスの高さなど、ダイレクトイメージセンサー本来の特性はそのままに、理想とするレベルを提供します。

新しいライカ顕微鏡用カメラの高解像力をぜひご体験ください。2,000 万画素センサーは、従来の標準的な画素数カメラよりもさらに多くの細部を捉え、明らかにします。特に低倍率観察のイメージングにおいて有効です。

秒間 40 コマのライブ速度でストレス、ディレイなく効率的にモニター上で行うことができ、ピント合わせや試料の位置出しなど作業も快適です。

忠実なカラーレンダリングによる優れた色再現性を実現。ライカ LED 照明に合わせてカスタマイズされています。DMC5400 カメラは、見たいものを忠実に観察することができます。

詳細情報は DMC5400 カメラに関する製品ページをご覧ください

Related Images