透明な試料から、より多くの構造情報を得る

新たに登場したライカ実体顕微鏡向け TL3000 Ergo 透過照明スタンドを使用して、半透明および透明な試料やモデル生物から、より多くの構造情報を得ることができます。ライフサイエンスおよび工業用途における実験や検査のための理想的な照明およびコントラスト条件を提供します。

実証性のある判断を下せるように、TL3000 Ergo 透過照明スタンドには内蔵照明と各種コントラスト法が用意され、高解像度(開口数0.73)、高い色再現性、および最適なコントラストにより、試料からより多くの構造情報を引き出すことができます。ゼブラフィッシュ研究においては、この TL3000 Ergo 透過照明スタンドにより、神経系、心臓、血管、色素沈着をより明確に理解できるようになります。

 

ゼブラフィッシュの発生、10 体節期。超微細なセマンティックセグメンテーションによる。試料提供:Vermot Laboratory, IGBMC, Strasbourg, France

 

ガラスの亀裂、エッチングの傷や品質検査など、TL3000 Ergo には様々なコントラスト法が用意され、隠れた細部を明らかにすることができます。明視野照明では本来の色を観察できます。ロッターマンコントラスト法では内部構造を明らかにします。暗視野照明では超微細な構造を観察できます。

妥協のない解像度と高いコントラストを両立させた作業が可能です。さらに 65 mm 径の均一な視野により、マニピュレータを容易に扱うことができ、十分な作業スペースで効率的・効果的に作業を行えます。

詳細については TL3000 Ergo & TL5000 Ergo 透過光ベースの製品ページをご覧ください。

Related Images