お問い合わせ
LAS X Widefield Systems Life Science Research Leica Leica Microsystems

高度な最先端イメージングと解析のための
蛍光顕微鏡システム LAS X Widefield Systems

高度の LAS X Widefield Systems 蛍光イメージングシステムは、蛍光顕微鏡画像取得や画像解析の各種アプリケーション(生細胞のタイムラプス実験、マルチポジショニング、Z スタック、デコンボリューションを含む)にとって最適です。

多様性に富んだ、完全に統合されたソリューションは、ハードウェアとソフトウェアの調和が取れており、スピードと信頼性、実験や解析のための機能、そして操作の利便性とを兼ね備えています。 高度なアプリケーションのために、LAS X Widefield Systems は高速での画像取得、TIRF、Fura2、FRET SE、スクリーニング、Ca2+、レシオイメージング、および周辺機器のトリガー制御が可能です。

LAS X Widefield Systems

Key Features

使いやすいソフトウェア

使いやすいソフトウェア

手動および自動顕微鏡のユーザーは、完全なソフトウェアの統合による使いやすさを体感できます。

リアルタイムフィードバック

リアルタイムフィードバック

オンライングラフとオンラインレシオイメージによる実験でのリアルタイムフィードバック。

リアルタイムでの 3D 画像取得

リアルタイムでの 3D 画像取得

ユニークな Super Z Galvo は、リアルタイムでの 3D 画像取得を可能にします。ハードウェアの構成に関係なく、すべての対物レンズを使用することが可能です。

電気同期化

電気同期化

各システムコンポーネントは電気同期されているため、高速に画像取得が行われ、フォトブリーチングによる細胞の退色が最小限に抑えられます。

自動化ハイコンテントスクリーニング

自動化ハイコンテントスクリーニング

完全に自動化されたハイコンテントスクリーニング実験のための Matrix Screener ウィザード

  • Microplate、チャンバー型カバースリップ、Spot  Array、Tissue Micro Array、lab on chip、slide、およびpetri dish向けにフレキシブルにスキャニングテンプレートを定義
  • マルチポジションでのマクロと各種ジョブを融合
  • ユーザー定義によるドリフト補正とウォーターポンプのポジション
  • 動作中にLAN 経由で接続された任意の場所へのデータのエクスポート(TIFF および OME フォーマット)
  • 解析結果に応じて、実施するスクリーニング実験を変更
  • オブジェクトトラッキングにより、細胞の動きをステージが追跡