お問い合わせ
PAULA Life Science Research Leica Leica Microsystems
PAULA を使った細胞チェック。

正確な瞬間を捉える

 細胞がまさに適切な細胞密度に達したタイミングで遺伝子導入実験を開始するには、多大な労力を伴います。従来は、そのために細胞の状態を何回も繰り返しチェックする必要がありました。週末でもチェックが必要でした。それをスマートに処理するのが PAULA です。ここは PAULA に任せてみませんか?

PAULA は培養容器内の細胞密度、遺伝子導入効率*、創傷治癒* の解析のためのタイムラプス画像記録を作成します。細胞が理想的な状態に達すると、PAULA は、いつでもどこでも、E メールでメッセージを送ります。

貴重な時間を、細胞のチェックという単調なルーチンワークのために費やさずに済みます。PAULA があれば、いつでもどこでも、自分の管理する細胞の様子を観察できます。それは、自宅のリビングでくつろいでいるときでも同じです。

*近日中にサポート予定

推測への依存を解消

PAULA は細胞密度など細胞株の状態をチェックし、お知らせします。これにより、「培養密度はもう十分だろう」という推量への依存がなくなります。PAULA は、あいまいさをほぼ無くした、再現性のある結果をもたらします。

PAULA に内蔵されたバーコードリーダーを使って、数ある培養容器をスキャンし、ほんの数ミリ秒で対象容器を識別します。時間に追われている場合でも、すべてを正確にコントロールします。

PAULA は解析記録をデータベース内に整理し、トレース可能かつ信頼できる形で保存します。また、細胞群ごとに指定した設定を記憶し、その細胞群をチェックするときは、それぞれの設定を呼び出す機能も備えています。

Documentation with PAULA cell imager
PAULA は Windows、iOS、そして Android をサポートします

完璧なネットワーカー

PAULA は細胞培養室のクリーンベンチ内や培養容器内、フードの下など、希望する任意の場所に設置できます。操作は柔軟性が高く、離れた場所にいるときでも培養細胞とつながっていられます。

PAULA はタッチモニターで直接、または無線接続を介してタブレット端末から操作します。端末は、基本ソフトが Windows、iOS、または Android いずれも対応可能、お好みのプラットフォームを使用できます。

複数の細胞株を同時にチェックし、比較する必要はありませんか?心配ご無用です。PAULA は最大 4* 台まで同期可能、4 種類の細胞株を同時に観察、解析できます。

*近日中にサポート予定

シンプルなイメージングから細胞アッセイまで

画像取得、解析したいのは、大きな細胞群でしょうか?ラボアシスタント PAULA は、位相差観察、マルチ蛍光観察、タイムラプス画像取得、さらには生理学的条件下での細胞密度のチェックなど、各種機能によってユーザーをサポートします。PAULA は学習が可能で、トランスフェクション効率のチェックや培養容器内での細胞カウント、創傷治癒などの追加の細胞アッセイを短時間で提供します。

詳細は、ライカ マイクロシステムズまたはお取引ディーラーにお問い合わせください。インターネット上でライカのアプリを簡単にチェックすることもできます。PAULA システムはアップグレードに対応しています。今後さらなる機能の向上が予定されています。どうぞ、ご期待ください。

PAULA で記録した MDCK mx1-GFP 細胞の位相差コントラスト法/蛍光画像。資料提供:Dr. Ralf Jacob 教授(ドイツ/マールブルク大学)