レーザーマイクロダイセクション

解剖を行うとき試料やサンプルをよく観察することができます。 小動物などの解剖を行うとき、顕微鏡の接眼レンズを何時間ものぞくことがあります。 ライカ マイクロシステムズでは、さまざまな顕微鏡と幅広い解剖顕微鏡部品やアクセサリーから選ぶことができるため、ニーズに最適な顕微鏡ソリューションを見つけることができます。

 

サポートが必要ですか?

ニーズや予算に適した解剖顕微鏡について、お問い合わせください。

研究室や教室向けの主要な機器

長期間、満足して使うには、ユーザー自身、ラボのメンバー、学生が解剖に費やす時間に適した解剖顕微鏡を選ぶことが重要です。

解剖顕微鏡の倍率やその他のプロパティについて、どんなことを求めるべきでしょうか?

解剖顕微鏡の優先事項が作動距離、倍率、視野、照明、高解像度、被写界深度、光学の品質であっても、ライカ マイクロシステムズは、あなたに最適なソリューションを提供することができます。

解剖顕微鏡を選ぶ際に、検討すべき主な要素をいくつかご紹介します。

  • 試料またはサンプルの対象エリアが明確に見えることが重要なら、適切な光源と広い視野、明るい照明を確保することで、それを実現することができます。
  • 試料やサンプルの広いエリアをしっかりと観察できる必要があるなら、接眼レンズやカメラを使用して広い視野を確保できる顕微鏡が適しています。
  • 顕微鏡の対物レンズの下で器具を使用して作業できるスペースが必要なら、広い作業距離、(つまり焦点があった時の対物のフロントレンズとサンプルのトップの間の距離で、通常倍率が増えると短くなります)が要求されます。
  • 顕微鏡の下で手や器具を邪魔するものがないこと、作業中に頭や姿勢が楽なことを重視しているのであれば、首、背中、腕への負担を避けることが大切になるので、人間工学に基づいたセットアップにすると良いでしょう。
  • 多用途のセットアップしやすい顕微鏡なら、ユーザーは時間を節約し、ストレスを軽減することができ、顕微鏡を複数のタスクで使うことができます。
Card Icon

解剖中に試料を観察するだけですか?それとも作業を記録する必要もありますか?

解剖顕微鏡を使用して行う作業を記録する必要がある場合は、ライカのデジタルカメラと統合することで、結果を記録することができます。

Card Icon

どのくらいの人数の人が解剖顕微鏡を使う必要がありますか? 彼らが顕微鏡で作業をする時間はどれくらいですか?

長時間、解剖顕微鏡を使用する場合は、反復運動過多損傷を防ぐために、人間工学に基づくアクセサリーを検討することが重要となります。 ユーザーの数に応じて、各ユーザーの好みに調整できる顕微鏡を用意することをお勧めします。

Card Icon

解剖顕微鏡とレーザーマイクロダイセクションは同じものですか?

違います。レーザーマイクロダイセクションは通常、レーザーで行います。 顕微解剖を行う顕微鏡は、レーザーマイクロダイセクションとして知られています。 その顕微鏡では、試料の組織、単細胞、細胞下構造の特定のエリアを分離させることができます。 レーザーマイクロダイセクションについての詳細は、以下をご参照ください。https://www.leica-microsystems.com/solutions/life-science/laser-microdissection

実体顕微鏡 解剖顕微鏡

Filter by Area of Application
Leica EZ4 W

Leica EZ4 W & EZ4 E

立体視可能な実体顕微鏡、8~35倍の拡大観察が可能。最新のLED 照明は7通りの条件設定が可能。デジタルカメラ内蔵

よくある質問 解剖顕微鏡

詳細を知りたい方はこちら

ライカまでご相談ください お客様のご質問やお悩みにお答えします。

お問い合わせ

ライカまでお気軽にご相談ください

  • Leica Microsystems Inc.
    1700 Leider Lane
    Buffalo Grove, IL 60089 United States
    電話番号 : +1 800 248 0123
    サービス電話 : 1 800 248 0223
    FAX番号 : +1 847-236-3009

各地域ごとのコンタクト先はリストからご覧いただけます。