お問い合わせ
ライカ FL560 Neurosurgery & Spine Leica Leica Microsystems

1 回での同時観察

ライカ マイクロシステムズ独自の FL560 フィルターは、蛍光励起光と観察スペクトルを効果的に分離するように設計されています。高品質のライカ顕微鏡光学系と組み合わせると、明確な識別と高コントラストを示す、生体組織と蛍光色素分子の単一リアルタイム観察像が得られます。

どのような蛍光色素分子が観察できるか

  • 励起ピーク波長約 460 nm ~約 500 nm(青色)の蛍光色素分子
  • スペクトルバンドが約 510 nm 以上の緑、黄、赤色光からなるスペクトルの蛍光発光観察 

特殊な術中血管蛍光または臨床アプリケーションに関するご質問については、お問い合わせください。

ワークフローを簡素化

同時の解剖学的かつリアルタイムの蛍光可視化により、観察像をあちこち切り替えるためにワークフローを中断する必要がなくなります。

顕微鏡の完全統合により、ハンドグリップまたはフットスイッチで 1 クリックするだけで、FL560 モードが有効になります。他の蛍光モードを組み込むことを選択した場合でも、1 クリックだけで切り替え可能です。

FL560 モードをただ有効にするだけ、作業をそのまま続けることができます

記録と表示が容易

観察像をチームで共有し、鮮明な高精細 FL560 蛍光ビデオを簡単に取得できます。

  • 顕微鏡モニターの HD または 3D 表示により、手術室のチーム全体による観察が可能です
  • 白色光および FL560 モードでの HD または 3D 記録技術は、複雑な症例の記録、プレゼンテーション、教育にとって理想的です
  • モード制御技術により、蛍光および白色光モード向けに最適化された適正なビデオ表示と記録設定が有効になります

現在と未来を見据えた完全統合

オープンアーキテクチャ デザインコンセプトにより、FL560 モジュールはいつでもお使いの M530 または M720 OH5 顕微鏡にシームレスに統合できます。

TriFluoro

M530 顕微鏡は、最大 3 つの蛍光モード(FL560、FL400*、FL800)を 1 つの顕微鏡に組み込むことができる TriFluoro 技術を採用した、初めての顕微鏡です。

いつでもアップグレード

FL560 は既存のライカ顕微鏡においてアップグレードできるため、新しい顕微鏡を購入しなくても、新しい機能を追加し、サービス内容を拡充することができます。

* 製品に関する監督官庁の認可状況については、ライカ マイクロシステムズまたはお取引ディーラーにお問い合わせください。

利用可能な構成は国によって異なります。各国における製品の利用可能性と監督官庁の認可状況については、ライカ マイクロシステムズまたはお取引ディーラーにお問い合わせください。

10 年に及ぶ蛍光の先駆者

ライカ マイクロシステムズから

  • ICG を用いた FL800 血管蛍光向け FDA 510(k) クリアランスを装備した初の手術用顕微鏡フィルター
  • TriFluoro を装備した初の手術用顕微鏡 – 3 種類の蛍光モードを 1 つの顕微鏡に統合
  • 拡張現実(AR)蛍光システム、GLOW800*を採用した初の手術用顕微鏡
  • FL560 蛍光用に  FDA 510(k) 認可取得した初の手術用顕微鏡フィルター

* 現時点ではまだ販売されておりません