お問い合わせ
Cleanliness Expert Microscope Software Leica Leica Microsystems

マルチフィルター対応

同時に 2 つ以上のフィルターを分析し、作業効率を改善、プロセスを単純化することができます。たとえば 1 回のろ過プロセスで得られた複数フィルターを、1 つのバッチにまとめ、各フィルターごとに異なる分類基準を設定することができます。レポートを作成し、結果を共有することも容易です。

Cleanliness Expert の特徴

  • バッチ処理で複数フィルターの解析ができ、時間を節約できます。
  • 長さや幅の閾値など、微粒子の分類のためのパラメータをフィルターごとに設定できます。
  • 円形、矩形領域でスキャン、測定が可能です。
  • 専用機ではなく、金属顕微鏡として、清浄度検査以外の用途にも使用できます。

工業規格に準じた検査

清浄度測定に関係する最新規格に対応し(ISO 16232、ドイツ自動車工業会規格 VDA 19 など)、規格に準拠した検査結果やレポートを簡単に出力できます。

Cleanliness Expert ソフトウェアの特徴

  • 各種規格に準拠した清浄度検査、レポート出力 
  • 条件をカスタマイズ
  • 信頼性・再現性の高いデータの保存と読み出し
  • 微粒子の長さ・幅に加えて高さの簡易測定(金属顕微鏡のみ)
  • <li/>

コンタミ源の特定 

観察から分析まで1台で 

目視検査と分析を組み合わせてコンタミ源の特定までサポートします。Cleanliness Expert ソフトウェアと新しいレーザー誘起ブレークダウン分光法 (LIBS) を組み合わせて、大気圧下、拡大観察してすぐに金属元素の定性分析が可能です。

<div/>

対象異物を観察してすぐ定性分析

  • 従来の走査型電子顕微鏡(SEM)/エネルギー分散型 X 線分析(EDX)に比べて、特別な試料作製も不要で、分析時間を大幅に短縮します。
  • <li/>
  • インハウス、同じ作業環境で化学分析が行えるため、時間と費用が節減できます。 
  • 色情報を含む形状観察と化学的情報を合わせることで、異物の発生源の特定をアシストします。 

直観的で使いやすいソフトウェア

Cleanliness Expert ソフトウェアは直観的に操作できるインターフェースで、誰がやっても信頼性・再現性の高い結果が得られます。すべてのシステム設定は設定ファイルに保存され、自動的に呼び出されます。

Cleanliness Expert ソフトウェア

  • 非金属・金属、繊維などの分類
  • オートフォーカスおよび自動検知機能の利用
  • コンタミをクリックすると、位置にステージが自動的に移動する、ナビゲーション機能
  • 自動キャリブレーション機能による正確な測定
  • 規格に準拠したレポート作成

清浄度評価ワークフロー

定評ある 2 社の専門技術がもたらす利点

清浄度評価ソリューションにより、清浄度評価ワークフローを最適化。

PALL とライカ マイクロシステムズは、部品の清浄度検査用に統合型ワークフローを提供します。PALL 社は洗浄キャビネットとフィルターのリーディングカンパニーで、抽出、すなわちコンポーネントから微粒子を分離し、次にライカ コンタミ解析システムで最終解析するまでの機材一式が含まれます。 

ワークフローは下記の要素から構成されます:

  • 洗浄キャビネットおよびフィルター(ポール)
  • 光学観察および化学分析ソリューション(ライカ マイクロシステムズ) 
  • ワークフローの最適化コンサルテーション(ライカ マイクロシステムズおよびポールのアプリケーションエキスパートによる)

詳細については「清浄度評価ワークフローの改善」を参照してください。