お問い合わせ

ゼブラフィッシュを用いた研究において実証性する

スクリーニング、ソーティング、マニピュレーションおよびイメージングを通じて最良の結果を得るためには、細部や構造を観察して、研究の次の段階に向けて正しい判断を下す必要があります。

優れた光学系と高解像度で定評のあるライカの実体顕微鏡と透過照明スタンドは、世界中の研究者から支持されています。

高解像度、高い色再現性、そして最適なコントラストが、洞察力ある判断へと導きます。

ゼブラフィッシュ研究のソリューションでお困りごとはありませんか?

ゼブラフィッシュ研究に適した顕微鏡デモのご希望やアプリケーションについて、ぜひ弊社までお問い合わせください。

スクリーニング、ソーティングにおいて的確な判断を行うための基礎

ゼブラフィッシュの微細な色素と構造的な違いを観察するのに苦心されていませんか?的確な表現型を特定することは非常に重要で、難度の高い課題となっています。

より多くの細部を一目で観察 – ライカのゼブラフィッシュのスクリーニングソリューションにより、低倍率でも微細構造と、より多くの色を識別することができます。神経系、心臓、血管、色素をより明確に判別できます。

作業効率の向上

  • 優れたコントラストにより容易に選別可能
  • 視野全体にわたって均質なコントラストが得られる
  • 全ズーム範囲にわたって再調整することなく安定したコントラストが得られる

ライカの線虫スクリーニング向けソリューション M165 CTL3000 Ergo の組み合わせでは、これまでにないスクリーニングおよびソーティング作業が可能です。

各種コントラスト法を駆使した魅力的な情報

ライカ透過照明スタンドに実装された特別設計の LED で、染色によるすべての色彩を観察できます

  • 明視野で染色を評価し、標本のリアルな色彩を観察できます
  • ロッターマンコントラスト法では内部構造を明らかにします
  • 暗視野照明では超微細な構造を観察できます

蛍光スクリーニング:バックグラウンドノイズによるシグナルの埋もれがありません

蛍光融合タンパク質を検出することは、なかなかの難題です。実際のタンパク質レベルは、生理的に発現量が低いため、 シグナルは弱く、特定しにくくなります。

こうした状況において、顕微鏡ソリューションは、レンズに使用する接着剤、ガラスや顕微鏡鏡基の LED などによる高レベルの自家蛍光によって作業を妨げるものであってはなりません。

解決策:

  • 実体蛍光顕微鏡内に独立した励起用光路「Triple Beam」を配置
  • スクリーニング用鏡基に自家蛍光を生じさせない特殊設計のミラーを配置
  • イメージング中の自家蛍光を遮断する電動ベースの LED を覆う調節可能なフラップ

その結果、ノイズのない暗黒のバックグラウンドに対して明瞭で強い蛍光シグナルが得られます。

試料を簡単に操作

ライカ実体顕微鏡は簡単に 3D の向きを調整できます。そのため、使用中のツールの位置を正確に把握でき、誤ってモデル生物に傷をつけることがありません。 

ライカのゼブラフィッシュ ソリューションが可能にすること:

  • 目と手の自然な連動により容易に操作できます 
  • インジェクションの位置と病変部位を正確にセットできます
  • 試料を最適な位置に合わせることができます

最適な仕上がり – 結果をそのまま発表に利用できます

機能的なイメージングは、ラボでは最も難度の高い作業のひとつです。ライカは、M205 FA のようなフル電動実体顕微鏡でサポートします。

完全にソフトウェアベースで作業・制御が可能

  • 蛍光照明、フィルター、およびシャッター
  • 透過光コントラスト 
  • x/y/z 位置
  • カメラ
  • 倍率
  • 環境条件

ライカのフル電動 TL5000 Ergo 透過照明スタンドを使って機能的なイメージングを行い、ゼブラフィッシュから最良の知見を得ることができます。最大開口数 0.9 で、散乱光を抑えるために開口数をズーム設定に応じて自動的に調整します。