実体蛍光顕微鏡 Leica M165 FC

ズーム比 16.5:1 のズームレンズシステムは、すべてがアポクロマートで収差補正されており、最小 551nm 幅の試料構造まで解像できます。マニュアルタイプの実体蛍光顕微鏡の最高級機種です。

コーディング機能により ズーム / 蛍光フィルタ / アイリス絞り / 対物レボルバー情報を ライカ イメージングソフトウェア(Leica Application Suite: LAS)から読み取りでき、使用中の顕微鏡構成情報とともに、正しい測定が可能となります。実験手順の再現性と一貫性が保証されます。

Leica M165 FC

主な特長

蛍光照明光路と観察光路の分離

ライカ特許のTriple Beam 採用で、鮮明でコントラスト豊かな蛍光像を実現

コーディング機能

フォーカス / ズーム / 蛍光フィルター / アイリス絞りの情報とソフトウェアからの読み取りと、正しい計測

仕様

●ズーム: 7.3X~120X
●ズーム比: 16.5:1
●最高倍率: 240X
 (Planapo2X対物レンズ/10X接眼レンズの組み合わせ)
●最大分解能: 906 lP/mm
 (Planapo2X対物レンズ)
●最大視野径: 31.5mm
 (1X対物レンズ/10X接眼レンズの組み合わせ)
●作動距離: 61.5mm
 (1X対物レンズ/10X接眼レンズの組み合わせ)
●対物レボルバー取り付け時、Planapoレンズ間の同焦点性保証
●対物レボルバー