解剖病理学

病気はしばしば、人体の構造に影響を及ぼします。顕微鏡は、組織病理学者や皮膚病理学者に組織試料や細胞の検査に必要な情報を提供します。

特に、組織病理学において、時間は極めて重要です。しばしば、組織や生検の検査は患者が手術室にいる間に行われます。病理診断は、処置の意思決定や治療の選択肢に影響を与えるため、高いレベルの集中力が求められます。さらに、精度の高い診断が行えるよう、顕微鏡画像は精度と彩度に優れたものである必要があります。

法医学者にとって、死体から得られる検査結果の正確性は極めて重要です。こうした情報は死因を特定し、法的手続きや裁判に影響を与える可能性があるためです。

サポートが必要ですか?

ライカの病理顕微鏡についてお気軽にお問い合わせください。

Card Icon

病理解剖学とは何ですか?

病理解剖学は、病気の臓器への影響を全体的かつ微視的に研究する医学領域です。

Card Icon

病理解剖学で顕微鏡はどのようなことに使用されますか?

顕微鏡は染色した組織試料や細胞の観察に有効で、異常を明らかにすることができます。 組織試料や皮膚試料は通常、外科手術や生体検査から生じ、ホルマリン漬けまたはホルマリン固定され、薄くスライスされ、カバーガラスが乗せられた状態で顕微鏡検鏡が行われます。細胞病理学では、体液、スクレーピング検査、吸引から得られた細胞を検査します。皮膚病理組織学は皮膚の検査を専門としています。

スピードが重要な組織学

術中迅速病理診断は、時間が何より重要です。手術の最中に一部の細胞や組織を採取し、病理医が短時間で、腫瘍が良性か悪性か、リンパ節に転移していないか、などについて診断します。

精度の高い診断を行うためにも、適切なツールは不可欠です。陰影、色、それらの変化する濃さを映し出す光学機器は、精度の高い診断を可能にします。

効率的なワークフローにより、タイムリーに作業を完了することができます。

試料検査では数多くの手順が必要なため、効率化が貴重な時間の節約につながります。その中で大きな役割を果たすのが人間工学に基づいた設計です。病理学者が身体的な不快さを感じることなく集中することを可能にします。

H&E染色した組織標本

精度の高い診断

組織切片は通常、ヘマトキシリンエオジン(H&E)で染色されます。試料は部位によりさまざまな色を帯びるため、色彩や色の強度から異常に関する洞察が得られます。

試料が未染色で、位相差観察を行った場合は、病理学者は対比による違いから構造の差を判断することができます。

対物レンズの光学機能は、病理学者が試料の色や構造をどれだけ識別できるかを大きく左右します。

優れた色再現性

ライカの病理顕微鏡は、色や平面性を修正する光学機能を搭載しています。色にじみや湾曲などの光学収差に左右されることなく試料を忠実にイメージングします。このため、取得された画像に基づいて精度の高い診断を行うことができます。

ライカの病理顕微鏡に適したカメラが対象物の色を忠実に捉え、高品質な画像を提供します。カメラのTWAIN機能により、画像を病院の情報システム内に保存することが可能です。

身体への負担を最小限に

時間的プレッシャーの中で長時間にわたり多くの検査をこなすことは、病理学者の筋肉に負担をかけ、こわばりが生じる場合があります。 

長期的に見ると、こうした負担や緊張は仕事や普段の生活にも影響を及ぼす恐れがあります。 

このため、こうした身体的不快感を軽視することなく、仕事時の姿勢や反復動作による筋肉の緊張にしっかり対処することが必要です。
 

快適な姿勢で検査作業を

人間工学に基づいた設計が、腰、首、腕、手への負担を防ぎます。

ライカの病理顕微鏡は身長や利き手等に合わせて調節することができます。接眼レンズの眼福を選択し、手の位置に合わせてフォーカスつまみを調節することが可能です。

肩が適切な位置に維持され、ステージドライブとフォーカスが対照的に配置されているため、リラックスした姿勢で作業を行うことができます。

また、人間工学的機能は効率性に大きなインパクトをもたらします。トグルモードと呼ばれる2つの対物レンズの自動切り替えにより、動きが軽減されることで、対物レンズの切り替えをよりスピーディに行うことができます。

解剖病理学用顕微鏡

Filter by Area of Application
The uniquely ergonomic microscope system Leica DM2500 LED with powerful LED illumination is the ultimate tool for demanding tasks in life science applications

Leica DM2500 & DM2500 LED

強力な照明を備えた、人間工学に基づく先進の顕微鏡システム

パパニコロウ染色した肝臓の細胞試料

40倍対物レンズ、400倍

パパニコロウ染色した肝臓の細胞試料

40倍対物レンズ、400倍

染色した組織試料

H&E染色した組織試料 (40倍対物レンズ、400倍)。

染色した組織試料

H&E染色した組織試料 (40倍対物レンズ、400倍)。

病理検査用顕微鏡

病理学の試料分析では、長時間にわたり顕微鏡を使用する必要があります。顕微鏡の利用者にストレスや身体的な負担をかけ、効率性の低下につながる恐れがあります。

Read More

病理検査用顕微鏡

病理学の試料分析では、長時間にわたり顕微鏡を使用する必要があります。顕微鏡の利用者にストレスや身体的な負担をかけ、効率性の低下につながる恐れがあります。

Read More

解剖病理学についてよくある質問

快適操作で疲れが軽減されます。人間工学に基づいて設計された顕微鏡は、姿勢だけでなくワークフローにおいても大きな違いを実感していただけます。ライカの臨床顕微鏡は、最小限の動きで操作できる設計で時間を節約します。画像に注釈を挿入するLAS Xソフトウェアや、画像を病院や検査室のシステム内で画像保存するためのTWAIN機能搭載のK3カメラ等、顕微鏡を現在のワークフローに統合するための各種アクセサリーが揃っています。

はい、顕微鏡は人間工学に基づいて設計されています。ライカ マイクロシステムズは、自然な姿勢で操作できるよう、人間工学に基づいた各種鏡筒を提供しています。ステージのXY移動ノブは伸縮式で、フォ ーカスダイヤルと同じ高さに配置できます。ユーザーから同じ位置で、対称設計にデザインされているため、胴体の軸と両腕が正しい角度を保ちます。この他にも人間工学に基づいた各種アクセサリーをご用意しています。

ライカ マイクロシステムズはお客様からのフィードバックをもとに、さまざまな臨床的ニーズに対応できる顕微鏡構成のDM2000、DM2500、DM3000を開発しました。こうした構成をPathology Solution Suiteと呼んでいます。

詳細を知りたい方はこちら

ライカまでご相談ください お客様のご質問やお悩みにお答えします。

お問い合わせ

ライカまでお気軽にご相談ください