CMOSカメラ
K5C

スイス紙幣

低倍から高倍まで、どの倍率でも高分解能画像が取得できる

K5Cは、低倍率で画像取得するときでも、微細な細部を明らかにしつつ、明るい部位と暗い部位の細部を同時に見ることを可能にします。

細部の微細構造もクリアに識別、観察、記録できる

高分解能CMOSセンサー搭載で、極めて微妙な色の差異も識別・記録することができ、お使いの顕微鏡システムの光学パフォーマンスを制限しません。

画像取得からより多くの情報が得られる

20メガピクセル(MP)のセンサーを備えたK5CカラーCMOSカメラが高分解能を実現し、一枚の画像からあらゆる情報が得られます。

取得画像をデジタルズームしてみたとき、一般的な5 MPのカメラと比べて多くの情報が取得できます。

高速イメージング

ライブ画像で瞬時に変化を確認できる

秒間32コマ高速ライブ画像で、サンプルを迅速にフォーカス&位置決めすることが可能です。

露光時間も短く設定でき、フォーカス後や倍率変更後も瞬時に細部を確認することができます。

セットアップが簡単

K5Cはサンプルのセットアップやフォーカスを簡便かつ直感的に行えるよう設計されています。

K5C CMOSカメラは用途に応じて自由に選択

  • USB 3.0インターフェイス経由でノートパソコンやパソコンと簡単に接続
  • USB3.0接続電源供給とデータ転送
  • フォーカス調整中も画面上で高速ライブ画像
  • K5CはLeica Application Suite Xソフトウェア( LAS X)と、各種画像解析用モジュールをサポートしています

TWAINとの互換性

TWAINは、一部の顕微鏡カメラとソフトウェア間の通信を可能にするプロトコルです。 取得した画像をオフラインで画像処理も可能です。 

お使いのカメラにTWAINを組み合わせることで、カメラ制御や画像取得が行えるほか、解析・保存用に様々なレポジトリに画像データを転送できます。 Laboratory/Hospital Information Management System (LIS/HIS/LIMS)等への画像保存も簡単に行うことができます。

TWAINドライバーをご希望のお客様はこちらからご登録ください

詳細を知りたい方はこちら

ライカまでご相談ください お客様のご質問やお悩みにお答えします。

お問い合わせ

ライカまでお気軽にご相談ください