マルチプレックスイメージング技術で、組織の微小環境の理解を深めます

癌は複雑な病気です。 免疫療法は、治療効果が期待されているものの、未だ有効性は30%にとどまっています。

研究者は、より良い治療法を開発するため、又、より正確に疾患の進行を予測するために、健康な組織と疾患織の細胞構造をより深く理解する必要性があります。

マルチプレックスまたは超マルチプレックスイメージングは、有用なバイオマーカーを明確に視覚化、識別および定量化する最新の技術です。 これまでの単に腫瘍が癌かどうか?という単純な答えだけではなく、細胞のタイプ、バイオマーカープロファイルおよび特異的なパターンによって、腫瘍をグループ分けすることが可能になります。

これまで
これから

空間的バイオマーカー分析に、マルチプレックスイメージングソリューションCell DIVEをご提案

たった1枚の組織切片から、1細胞レベルの精度で、数千ものデータを引き出します。

  • カスタマイズ可能: 実験をお客様のご希望に合わせて設計および設定可能
  • 高い精度: 価値のあるデータを収集し、結果に信頼性を提供
  • 実績: 長年の実績に加えて、3つの実証済みの高度な技術を、1つのソリューションにまとめました

重要なタンパク質バイオマーカーの解明を可能にする、信頼性と再現性のある結果を提供する方法

  • 高い精度、スピードおよび感度で構成された自動イメージングにより、結果に信頼性を提供
  • 個別のパネルをカスタマイズでき、当社の広範なバリデーション済み抗体リストを用いて、お望みの染色とイメージングができるフレキシビリティ
  • たった一枚の組織切片から、プローブ染色、イメージングおよび脱色の繰り返しを行い、何千もの空間的細胞データを収集
  • お客様の組織サンプルを損傷しない、Cell DIVEの緩やかなプロトコルを使用し、抗体のストリッピングや複雑なサンプル調製手順が不要
  • 従来のマルチスペクトルイメージングツールでは、一般に6から8のバイオマーカーを検出するのに比べて、この超マルチプレックス蛍光イムノアッセイイメージングによって、1つのサンプルから最高60のバイオマーカーの検出が可能

科学者が科学者のために、10年の発見と開発

Cell DIVEマルチプレックスイメージングは、10年以上の確かな研究、試験および検証実績に裏付けられています。

米国で開発され国際的な協力によって検証済。Cell DIVEの理論、アルゴリズムおよび方法は立証済みであり、信頼できる結果を提供します。

詳細を知りたい方はこちら

ライカまでご相談ください お客様のご質問やお悩みにお答えします。

お問い合わせ

ライカまでお気軽にご相談ください


各地域ごとのコンタクト先はリストからご覧いただけます。