お問い合わせ
Leica TCS SP8 CARS Confocal Microscopes Products Home Leica Leica Microsystems

CARS 顕微鏡 - 無染色イメージング Leica TCS SP8 CARS

生物学 – ノシメマダラメイガ(Plodia interpunctella)のin vivo イメージング

生物学 – ノシメマダラメイガ(Plodia interpunctella)のin vivo イメージング

幼虫の絹糸腺の表層のオーバーレイ画像。

  • 赤: 脂質成分( 2850 cm-1)。
  • 緑: 1064 nm(波長)でのキチンの自家蛍光。

画像中央上部は幼虫の刺毛を示している。 対物レンズ: HCX IR APO L25x/0.95 W 0.17.

完全な状態のゼブラフィッシュの細胞構造の無染色振動イメージング

完全な状態のゼブラフィッシュの眼球のオーバーレイ画像。

  • 緑: 脂質成分の誘導ラマン散乱(SRS)画像(2850 cm-1)。
  • 赤: タンパク質成分のSRS画像 (2935 cm-1)。
  • 青: 主に強膜および角膜からの第二次高調波シグナル。

網膜の各層が細胞レベルの分解能で明確に可視化されています。 さらに、タンパク質を豊富に含む水晶体(赤)、眼球の被包を形成している強膜や角膜からの第二次高調波シグナルが表示されます。 完全な状態の動物眼球内のイメージングを可能にしているのは、SRSの非線形光学セクショニングです。 サンプル提供 - Julien Vermot, Institute of Genetics and Molecular and Cellular Biology(IGBMC)Strasbourg, France, and Elena Remacha Motta, Leica MS and IGBMC. 対物レンズ: HC PL IRAPO 20x/0.75 W