お問い合わせ
ARveo Surgical Microscopes Products Home Leica Leica Microsystems

デジタル拡張現実(AR)顕微鏡 ARveo

NIR イメージングと比較した場合の GLOW800 AR 蛍光システムの利点

GLOW800 AR 蛍光システムで撮像した脳血管の血流の画像と、従来型の NIR(近赤外線)法で撮像した画像をこのビデオで比較できます。

GLOW800 拡張現実(AR)蛍光システムは、インドシアニングリーン(ICG)を使用して高コントラストの NIR(近赤外線)画像を取得し、それをリアルタイムで自然な色合いの顕微鏡観察像と融合します。

GLOW800 拡張現実(AR)蛍光システム:動静脈瘻

脳神経外科手術中にライカ マイクロシステムズが提供する新しい GLOW800* 拡張現実(AR)蛍光システムで捉えた画像(Cleopatra Charalampaki 博士(ドイツ/ケルン メディカルセンター脳神経外科教授)

血管脳神経外科手術で得られた GLOW800 の第一印象:Raphael Guzman 教授(医学博士)

Raphael Guzman 教授が、GLOW800 拡張現実(AR)蛍光システムを実際の手術で初めて使用したときの経験を語ります。教授は、血流と生体構造を同時には観察できない他の蛍光技術と比較した場合の利点を語ります。

さらに、脳神経外科手術用イメージング技術の将来について述べています。

このビデオの中で Raphael Guzman 教授は、GLOW800 AR 蛍光システムなどの拡張現実イメージングテクノロジーとニューロ ナビゲーションを統合、1 台の顕微鏡内で観察できるようにし、術中により多くの情報を利用できることで得られる利点を強調しています。