ラット脳の組織スライド。 核はDAPI(青色)、STLはFITC(緑色)、アストロサイト(GFAP)はCy3(黄色)、新生ニューロン(NeuN)はCy5(赤色)で染色、10倍広視野タイルスキャン、4ラベルすべて同時に取得したものです。

すべてのユーザーにアクセス

誰もが顕微鏡を活用し、より多くの発見ができるようになりました。

Micaは、サンプルの概要を明確にし、数回のクリックで簡単に観察条件を変更することができます。

  • 最初の画像までのステップ数を85%削減
  • 最初の画像までの時間を33%に短縮
  • トレーニング時間50%に短縮

制約なし - 100%の相関性で4倍量のデータを提供

Microhubは、サンプルを動かすことなく、広視野と共焦点の両方で4つのラベルすべてまたは異なる構造を同時に取得できます。 このことは、連続撮影時の画像取得時に観察対象が移動することで起こりうる蛍光標識間の時空間のずれを解消します。

3D細胞培養、U343細胞の7dスフェロイド形成。tfLC3 EGFPとmRFP + DAPI + WGA Alexa680 対物レンズ: 20x/0.75 CS2 DRY

制約なし - リアルタイムで適切なモダリティを選択

Micaは、透過光と蛍光灯のイメージングモダリティを統合します。 広視野、共焦点、THUNDERイメージング、LIGHTNING、Zスタック、タイムラプスなど、1つのMicrohub内で複数のイメージングモダリティを選択できます。

これにより、例えば、低倍率で広視野の高速オーバービューを作成し、関心領域を徐々にズームアップし、必要なときに必要な場所で共焦点に切り替えるといったことが、サンプルを別のシステムに移動することなく行えます。

制約なし - 実験を通じて生理学的に近い条件を達成

生細胞実験では、細胞が最適な形状であることが要求されます。 一般的に、培地中の2Dおよび3D細胞は、環境中の温度とpH(CO2経由)を制御する必要があります。 安定した栄養とイオン濃度を維持するには、蒸発を最小限に抑える必要があります。 実験によっては、より生理的なレベルに近いO2を模倣することを要求されることもあります。 Micaは、生細胞構成において正しい条件を提供できます。  

ウェルあたり1000個のMDCK MX1-GFP細胞(左半分)およびウェルあたり1000個のU2OS細胞から安定的にトランスフェクションした3Dスフェロイドの形成(右半分)。 30分間隔で60時間にわたるタイムラプス取得。 緑色、GFP. 灰色、統合変調コントラスト。

U2OS細胞には、SiR-Actin、TMRE(ミトコンドリア活性)、CellEvent™(カスパーゼ活性)、およびDAPI(核)がラベル付けされました。 63倍の倍率、広視野モード。

ワークフローを大幅に簡素化

インテリジェントな自動化とAIがサポートする分析により、効率性が向上し、発行までの期間が短縮されます。  

  • システムインテリジェンスにより、プロセスの手順を60%以上削減
  • ワークフロー全体を簡素化することにより、サンプルから分析までの時間と労力を削減
  • 実験全体で100%の繰返し性と再現性を実現

主要用途におけるMicaの紹介

もっと読む

MicaCamに登録する

MicaCam is where life science researchers come together live to chat, interact, and make discoveries together.

Share your questions and engage during the livestream. 

ライブストリームに登録する

Microhub時代の到来!

未来を体験。

詳細を知りたい方はこちら

ライカまでご相談ください お客様のご質問やお悩みにお答えします。

お問い合わせ

ライカまでお気軽にご相談ください