Loading...

MitoTracker Green (ミトコンドリア構造、シアン色)およびTMRE(活性ミトコンドリア、マゼンタ色)で染色された U2OS 細胞。 63x/1.20 CS2 Water MotCORR対物レンズを使用し、2分間100フレームで2つのチャンネルを連続して取得します。

2.5日にわたるスフェロイドの増殖

安定的に遺伝子発現した1000個のMDCK MX1-GFP細胞/ウェル(上段)と1000個のU2OS細胞/ウェル(下段)からなる3次元スフェロイドの形成が5つの異なるタイムポイントで示される。30分間隔で60時間にわたる長時間タイムラプス撮影。緑色、GFP。灰色、IMCモジュレーションコントラスト像。

安定的に遺伝子発現した1000個のMDCK MX-1-GFP細胞/ウェル(左側半分)と、1000個のU2OS細胞/ウェル(右側半分)からなる3次元スフェロイドの形成。30分間隔で72時間にわたる長時間タイムラプス撮影。緑色、GFP。灰色、IMCモジュレーションコントラスト像。

サンプルの搭載

サンプルの搭載

サンプルの配置

サンプルの配置

照明1の定義

ライブ撮影取得開始

照明2の定義

位置の定義

照明3の定義

取得

照明4の定義

画像を選択

検出器ゲインの定義

セグメンテーションの実行

ピンホールの定義

分析の実行

スキャンモードの定義

ドエルタイムの定義

オフセットの定義

ラインステップの定義

平均モードの定義

平均化メソッドの定義

平均化数の定義

取得

処理データ

画像を選択

しきい値の定義

セパレータの定義

セグメンテーションの実行

分析の実行

情報の抽出

図の作成

ラット脳組織切片。核はDAPI(青)、STLはFITC(緑)、アストロサイト(GFAP)はCy3(黄)、新生ニューロン(NeuN)はCy5(赤)で染色。10倍のWidefieldタイルスキャン、4色の蛍光標識すべてを同時に取得。

MitoTracker Green (ミトコンドリア構造、シアン色)およびTMRE(活性ミトコンドリア、マゼンタ色)で染色された U2OS 細胞。 63x/1.20 CS2 Water MotCORR対物レンズを使用し、2分間に100フレーム以上の2つのチャネルを同時に取得します。

従来の顕微鏡によるシーケンシャルの画像取得

Micaによる同時画像取得

MitoTracker Green (ミトコンドリア構造、シアン色)およびTMRE(活性ミトコンドリア、マゼンタ色)で染色された U2OS 細胞。 63x/1.20 CS2 Water MotCORR対物レンズを使用し、2分間に100フレーム以上の2つのチャネルを同時に取得します。

3D細胞培養、U343細胞の7dスフェロイド形成。tfLC3 EGFPとmRFP + DAPI + WGA Alexa680 対物レンズ: 20x/0.75 CS2 DRY

1.6x Widefield
10x Widefield
20x Widefield
20x THUNDER
63x Confocal
63x LIGHTNING

Widefield画像および共焦点画像により、低倍率から高倍率(1.6x、10x、20x、63x)のことなる対物レンズで取得した超組織切片。20倍のWidefield画像をTHUNDERで、63倍の共焦点画像をLIGHTNINGでそれぞれ処理しています。核は青色、ミトコンドリアは緑色、また脱チロシン化チューブリンは赤色で標識されています。

SiR-Actin、TMRE(ミトコンドリア活性)、CellEvent™(カスパーゼ活性)、およびDAPI(核)が標識されたU2OS細胞。アポトーシス誘導因子スタウロスポリン(3μM)を、タイムポイント0において添加。63倍、Widefieldモード。13時間タイムラプス。

すべての研究者が空間情報にアクセスできたらどうでしょうか?

マイクロハブの時代

世界初のマイクロハブMicaのご紹介

Micaの動画を視聴する

Watch launch event video

  • すべてのユーザーにアクセスを
  • 制約はありません
  • ワークフローを大幅に簡素化

すべての人がアクセスできる時代へ

誰もが顕微鏡を活用し、より多くの発見ができるようになりました

特別な専門知識を必要とする85%以上の面倒な設定手順を削減

ラット脳組織切片。核はDAPI(青)、STLはFITC(緑)、アストロサイト(GFAP)はCy3(黄)、新生ニューロン(NeuN)はCy5(赤)で染色。10倍のWidefieldタイルスキャン、4色の蛍光標識すべてを同時に取得。

最初の画像までの手順を85%削減

最初の画像まで時間を1/3短縮

トレーニング時間を1/2短縮

搭載機能:

インテリジェントな自動化

インテリジェントなイメージング

搭載機能:

インテリジェントな自動化

すべてのオプトデジタルコンポーネントは、完全に電動化され、インテリジェントに自動化されています。マイクロハブには、Openボタンが1つだけ残されています。それ以外はすべて、ソフトウェアのワークフローに組み込まれています。

もっと読む

インテリジェントなイメージング

OneTouchボタンをクリックするだけで、アプリケーションの目的と現在のサンプルに合わせてすべての設定が自動的に最適化されます。「サンプル保護を優先」から「画質を優先」までの範囲を操作スライダーバーで選ぶと、それに応じたすべての照明光および検出パラメータを簡単に調整できます。

もっと読む

もっと知りたいですか?

制約のない時代

マイクロハブ:発見を可能にするための必要なすべてがひとつの使いやすいシステムに統合

4倍多くのデータ

100%の相関で

絶対的な時空間相関で重要な生物学的イベント情報にアクセス

MitoTracker Green (ミトコンドリア構造、シアン色)およびTMRE(活性ミトコンドリア、マゼンタ色)で染色された U2OS 細胞。 63x/1.20 CS2 Water MotCORR対物レンズを使用し、2分間100フレームで2つのチャンネルを連続して取得します。

従来の顕微鏡によるシーケンシャルの画像取得

MitoTracker Green (ミトコンドリア構造、シアン色)およびTMRE(活性ミトコンドリア、マゼンタ色)で染色された U2OS 細胞。 63x/1.20 CS2 Water MotCORR対物レンズを使用し、2分間に100フレーム以上の2つのチャネルを同時に取得します。

Micaによる同時画像取得

Micaは、時空間のミスマッチなく絶対的な相関画像を提供します。

搭載機能:

4色の蛍光標識を同時に

4色の蛍光標識を100%相関

特許取得済みのFluoSync技術

搭載機能:

4色の蛍光標識を同時に

Widefieldおよび共焦点両方のデータ取得によって、異なる構造の4色の蛍光標識すべてを同時に取得。 複数の蛍光標識を同時に取得することで、取得速度が最大で4倍向上し、100%の時空間分解能を実現します。

もっと読む

4色の蛍光標識を100%相関

Widefieldおよび共焦点両方のデータ取得において、4色の蛍光標識すべてを同時に取得。 これによって、シーケンシャル取得時にサンプルが動くことで起こりうる蛍光標識間の時空間のミスマッチが解消され、データが100%相関できるようになりました。

もっと読む

特許取得済みのFluoSync技術

FluoSyncは、新たなスペクトルアンミキシング手法により、画像の同時取得を可能にします。 完全な波長分離と、時空間のミスマッチなしに、最大4種類の蛍光標識を検出できます。

FluoSyncは専用のハードウェアと新しいハイブリッドアンミキシングを独自に組み合わせています。

もっと読む

もっと知りたいですか?

リアルタイムで適切なモダリティを選択

3D細胞培養、U343細胞の7dスフェロイド形成。tfLC3 EGFPとmRFP + DAPI + WGA Alexa680 対物レンズ: 20x/0.75 CS2 DRY

実験目的に合わせて、高速のオーバービュー画像から高分解能までシームレスに変更

Widefield画像および共焦点画像により、低倍率から高倍率(1.6x、10x、20x、63x)のことなる対物レンズで取得した超組織切片。20倍のWidefield画像をTHUNDERで、63倍の共焦点画像をLIGHTNINGでそれぞれ処理しています。核は青色、ミトコンドリアは緑色、また脱チロシン化チューブリンは赤色で標識されています。

オーバービュー像の作成

スライド上のサンプル構造を探して、結腸切片の全体的な形態を観察します。関心領域を特定して、より詳細な観察を行うことができます。

詳細な構造のより細部を確認

より高い倍率に切り替えることで、組織の完全性を評価し、更なる分析に適切な領域を特定することができます。

対象とする細胞を選択

詳細を確認したら、シングルセルを選択して、細胞内情報を取得します。しかし、ある程度のボケのためコントラストが不明瞭になり、十分に観察できないことがあります。

対象とする細胞を選択

THUNDERはコントラストを向上し、より詳細な情報を観察する最適な方法です。正しい観察方法を選択することで、サンプルの詳細により近づくことができます。

細胞の詳細情報の取得

ワンクリックでWidefieldモードから共焦点モードに切り替えて、より多くの細胞内情報を得ることができます。

細胞内情報をさらに活用

LIGHTNINGを追加することで、細胞内構造のより詳細な情報にアクセスできるようになり、高速オーバービューから高分解能までのワークフロー全体にシームレスに統合されます。

搭載機能:

統一された画像モダリティ

共焦点ポイントスキャン

Micaのインキュベーター機能

搭載機能:

統一された画像モダリティ

Micaは固定試料と生体試料ともに、IMC、THUNDER、LIGHTNINGなどの透過および蛍光イメージングモダリティを1つのマイクロハブで統合します。

もっと読む

共焦点ポイントスキャン

光学セクショニングを含むポイントスキャン共焦点で、3次元すべてで最高の解像度を取得します。ピンホールによって、フォーカスアウトした光を物理的に遮断することで、最高のZ軸方向分解能を実現します。特に厚いサンプルの3Dイメージングに適しています。

もっと読む

Micaのインキュベーター機能

Micaの内部サンプルスペース全体は、温度、 CO2、湿度などの環境コントロールが可能で、短時間および長期間の生細胞観察に理想的な条件を提供します。

もっと読む

もっと知りたいですか?

安定的に遺伝子発現した1000個のMDCK MX1-GFP細胞/ウェル(上段)と1000個のU2OS細胞/ウェル(下段)からなる3次元スフェロイドの形成が5つの異なるタイムポイントで示される。30分間隔で60時間にわたる長時間タイムラプス撮影。緑色、GFP。灰色、IMCモジュレーションコントラスト像。

実験を通じて生理学的に近い条件を達成します

安定的に遺伝子発現した1000個のMDCK MX-1-GFP細胞/ウェル(左側半分)と、1000個のU2OS細胞/ウェル(右側半分)からなる3次元スフェロイドの形成。30分間隔で72時間にわたる長時間タイムラプス撮影。緑色、GFP。灰色、IMCモジュレーションコントラスト像。

Micaは、サンプルを最適な状態に維持し、蒸発を最小限に抑えるインキュベーターです。

大幅に簡素化されたワークフロー
の時代へ

サンプルから発見までの時間を短縮

システムインテリジェンスにより、プロセスの手順を60%以上削減

従来の顕微鏡

従来の顕微鏡では、サンプルを載せてから解析をするまでの、さまざまなステップにおいて設定をしなければなりません。

Micaの自動化

Micaでは、システムインテリジェンスによってワークフローをサンプルから分析までわずか8つのステップに大幅に簡素化することで、時間と労力を削減できます。

搭載機能:

サンプルファインダー

OneTouch自動照明

AIベースの解析

搭載機能:

サンプルファインダー

Micaのサンプルファインダーは、関連するエリアのフォーカスされたオーバービュー像を高速に自動生成します。サンプルのフォーカスを手作業で見つけて合わせるのは過去のことです。

もっと読む

OneTouch自動照明

OneTouchボタンをクリックするだけで、アプリケーションの目的と現在のサンプルに合わせてすべての設定が自動的に最適化されます。 「サンプル保護を優先」から「画質を優先」までの範囲を操作スライダーバーで選ぶとそれに応じてすべての照明光および検出パラメータを簡単に調整できます。

もっと読む

AIベースの解析

人工知能を搭載したMicaは、画像中の物体を認識し、あらゆる研究者が効率的に、正確に、自信を持って、イメージングから解析、美しく可視化された結果へと移行することを可能にします。 画像処理に関する技能は必要ありません。

もっと読む

もっと知りたいですか?

ワークフロー全体を簡素化することにより、サンプルから分析までの時間と労力を削減

AIに基づくミトコンドリアセグメンテーションのトレーニングを科学的専門知識を用いて実施

SiR-Actin、TMRE(ミトコンドリア活性)、CellEvent™(カスパーゼ活性)、およびDAPI(核)が標識されたU2OS細胞。アポトーシス誘導因子スタウロスポリン(3μM)を、タイムポイント0において添加。63倍、Widefieldモード。13時間タイムラプス。

実験全体で100%の繰返し性と再現性を実現

搭載機能:

ピクセルクラシファイア

GUIで操作するアノテーション

再利用可能なAIモデルとプロジェクトパラメータ

搭載機能:

ピクセルクラシファイア

画像処理のスキルがなくても、簡単にMicaを学習させ、画像中の物体を認識させることができます。画像上に例を描くだけで、ピクセルクラシファイアは入力を再現するように学習し、画像内のすべてのオブジェクトをセグメント化します。

もっと読む

GUIで操作するアノテーション

Mica GUI内の画像上で使いやすい描画ツールを使用し、人工知能のトレーニングを行います。

もっと読む

再利用可能なAIモデルとプロジェクトパラメータ

プロジェクト間で同じ取得設定をデフォルトで再利用することで、再現性・繰り返し性を向上します。AIモデルを再利用することで、プロジェクトやユーザー間で一貫性のある偏りのない解析が可能になります。

もっと読む

もっと知りたいですか?

Micaの紹介

マイクロハブ時代の到来 未来を体験してください。

主要アプリケーションにおけるMicaの紹介

蛍光マルチウェルプレートアッセイ

Micaは、4色の蛍光標識を同時に時空間相関100%で撮像することができます。この重要なアプリケーションでは、アポトーシスにおけるカスパーゼ3/7の活性化に関する蛍光マルチウェルプレートアッセイでMicaがどのように使用されるかを示しています。

もっと読む

SiR-Actin、TMRE(ミトコンドリア活性)、CellEvent™(カスパーゼ活性)、およびDAPI(核)が標識されたU2OS細胞。アポトーシス誘導因子スタウロスポリン(3μM)を、タイムポイント0において添加。63倍、Widefieldモード。13時間タイムラプス。

3D組織イメージング

Micaは、実験に必要な場合、高速オーバービューから高解像までシームレスに移行することができます。Micaで脱チロシン化されたチューブリン陽性細胞を同定し、チューブリンネットワークのオーバービュー像からセグメンテーションまでをご覧いただけます。

もっと読む

Widefield画像および共焦点画像により、低倍率から高倍率(1.6x、10x、20x、63x)のことなる対物レンズで取得した超組織切片。20倍のWidefield画像をTHUNDERで、63倍の共焦点画像をLIGHTNINGでそれぞれ処理。核は青色、ミトコンドリアは緑色、また脱チロシン化チューブリンは赤色で標識。

長期間のタイムラプラス

Micaは、生理学的な条件でサンプルを維持し、蒸発を最小限に抑えるインキュベーターです。スフェロイドの成長を測定し、タンパク質の発現レベルを解析するためのMicaの機能をご紹介します。

もっと読む

安定的に遺伝子発現した1ウェルあたり1000個のMX1-GFP細胞から3Dスフェロイドが形成。30分間隔で72時間にわたる長時間タイムラプス撮影。緑色、GFP。灰色、IMCモジュレーションコントラスト像。

Loading...