お問い合わせ

PCレス環境とオンスクリーン機能で、時間と労力を短縮できます

PCは不要です。 スタンドアローンモードでもPC接続でも、FLEXACAM C1をお使いいただけます

モニター上のオンスクリーン機能で、画像に注釈を挿入したり、ネットワーク接続のためのインターフェースも用意されています

画像の取得、記録、共有が数秒で

  • モニターで直接画像を表示し、最大30フレーム/秒のフルHDで 動画を録画も可能。
  • ローカルネットワーク上に画像を保存したり、電子メールの添付ファイルとして送信も可能です
FLEXACAM C1顕微鏡カメラ付きM125 C実体顕微鏡、TL5000 Ergo透過光ベース

記録をもっと簡単に

  • 注釈: 画像にテキストと画像ファイルなどを直接挿入できます。 注釈を挿入することで、強調表示したり、重要な情報をサンプル上に表示することができます。
  • オーバーレイ: ライブ画像上にレチクルあるいは十字線を挿入できます。 カスタマイズされたオーバーレイは、アノテーションツール内で作成できます。

お客様のワークフローに応じた設定に適応します

ニーズに応じたデバイスにFLEXACAM C1を接続してください。 FLEXACAM C1はお客様のニーズに適応します。 モニター、コンピュータ、ノートパソコンを介して画像を表示し、ネットワーク経由で共有することができます

1 - HDMIモードは、PC不要のスタンドアローンモードでカメラを使用できます 

2 - イーサネットモードを使用してお客様の施設のネットワークに直接接続できます

3 - スタンドアローンモードで使用する場合、USBメモリに直接画像を保存します

4 - USBモードを選択してPCとカメラを接続できます 

5 - USBマウス、キーボードを接続してください

FLEXACAM C1は、ライカ実体顕微鏡および金属/生物顕微鏡と互換性があります。 

鮮明な画像で微細な構造の確認を

FLEXACAM C1は、高解像度で高い色再現性を実現します。 工業、ライフサイエンス、法医学、教育などの用途に関係なく、フルHDまたは4Kで画像を表示し、サンプルの精細な詳細を取得できます。

ライカFLEXACAM C1の特長

  • 広いダイナミックレンジによって自然に近い発色を提供します 
  • 1200万画素CMOSセンサーで取得した画像で精細な詳細が明らかになります 
  • 高速自動露出でスクリーニング作業も迅速に
あらゆるニーズにこたえる

必要な機能を選べる画像解析ソフトウェア

FLEXACAM C1は、Leica Application Suite(LAS)X ソフトウェアをサポートしています

LAS Xによって、焦点合成画像の取得や、広範囲の連結画像などを取得し、データを保存できます。

ライカはお客様、サンプルに応じて、さまざまな画像解析モジュールを提供しています。 詳細はライカまでお問い合わせください。